03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.10/16(Sun)

紅月蒼刻 こうげつそうこく

 これはスレイヤーズの二次創作小説です。ジャンルはガウリナです。
 ご勘弁な方はバックを推奨いたします。

 ようし待ってた! な御方。ありがとうございます! ↓へどうぞ!





===================================



紅月蒼刻  こうげつそうこく



===================================

 いつものように、旅から旅への毎日を続けるあたしとガウリイ。


 それというのも、ガウリイの持ってた光の剣が、あたしにまつわる冥王とのごたごたで無くなっちゃって、あたしなりに責任感じて代わりの魔力剣探しているんだけど、これがなかなか見つからない。
 ああもうっ! どっかに落ちてない?

 この町に寄ったのも、剣を探す道行きの中での、ほんの気まぐれ。

 夕方過ぎに宿屋に入って、速攻晩ご飯。いつものよーに、ガウリイと奪い合いになったけど。
 大体ね、ガウリイが美味しそーに食べるのが悪いのよ。思わず取って食べたくなるじゃない!
 そしたら報復か! ってくらいぶんどるし。こっちも更にヒートアップするってもんよ。

 ……と、いうわけで、今日もバトル晩飯を美味しく頂いた後、ちょっとだけ、ホントにちょっとだけお酒を一緒に飲んだ。
 どうやらガウリイくん、あたしが盗賊いぢめに行くんだろうと少々疑っていたようだけど。(だから飲ませたんじゃないかっていう説もある)
 まったくっ! 盗賊いぢめに行くんだったら、もっと周到に用意するわよ。
 ――でも最近、よくバレるのよねー。
 やっぱりあの動物的カンをどーにかして封じないとダメみたい。

 ま、そんなこんなで、よーやく自分の部屋に戻ったのがついさっき。
 一緒に引き上げてきたガウリイに、おやすみの挨拶をひとつして。
「りゃあねーおやふみがうりー」
 断固言う。あたしは酔ってないと。


 宿屋の用意した寝巻に着替えて、ゆるゆるとベッドに入った。いつもなら「明り」(ライティング)の呪文を唱えて読書を決め込むところだけど、ここに着いたのが夕方だったし、それまでずっと歩き通しだったし。
 やっぱり疲れていたのかもしれない。

 あたしが起こす布団の衣擦れの音も落ちついて、静かになる部屋の中。耳を澄ますと、隣の部屋でガウリイが素振りをしている音が聞こえる。
 ……あたしの耳、エルフ並みにいいんだもの。しょうがないじゃない。

 ――――。
 いつまでやってるつもりかしら。あんの体力ばかくらげ。日課とはいえ、よーやるわ。
 いつだったか野宿した時も、夜半過ぎに見張り交代って脅迫、じゃなくて、約束したのに、ぐっすり寝てるあたしを起こすの忍びないからって、結局朝まで、見張りしながら素振りしてたのよあいつっ!
 ほんっとーに、バカなんだから。そんなところで無理して欲しくないってのにっ!

 ぴたりと、素振りの音がやんだ。
 やっと寝る気になったのかな。
 そう思いながら、何気なく窓に目をやると。
 そこには、――紅い月。低い空にぽっかりと浮かんでいた。

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

 紅い月は、苦手だ。
 だって思い出してしまうから。――あの色を。


 血ってやつは、どうしてあんなに紅いんだろう。
 どうしてあんなに黒くなるんだろう。

 いままで、色んな人が血を流すのを見てきたけど。
 何度見たって、慣れることなんて出来やしない。

 特に、ガウリイの流す血だけは。

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

 何度も何度も、あたしを庇って怪我するガウリイ。
 大きい怪我をしたことだって何度も何度もあるし、かすり傷程度なら日常茶飯事。

 その度に、あたしの「治癒」(リカバリィ)で治すけど、毎度毎度、やりきれない気持ちになる。
 小さい怪我だと、“別にいい”って言われるけど、それじゃあたしの気がおさまらない。

 だいたいあたしは「復活」(リザレクション)が使えない。もしも大きすぎる怪我をしたら、あたしじゃ治せない。だから、ガウリイには絶対に怪我して欲しくないのに。
 ……人の気も知らないで。

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

 何度か、ひとりに戻ろうとした事もあった。これ以上、「自称保護者」を巻き込むのが忍びなくて。
 あたしと一緒にいると、命の危険付きのスリリングな日常がもれなくついてくる。
 平穏な毎日からは、音速でかけ離れていくのだから。

 切り出そうとするたびに、事件に巻き込まれたり、襲撃されたり、襲撃しかえしたりで言うタイミングを逃し続け、結局今日に至っている。

 今更、ひとりになんて戻れない。
 ガウリイが大切な人だと、気付いてしまったから。

 っづあああぁぁぁ~~~~~っ!

 そこまで思考化して……ひとり、ベッドでもんどり打ってるあたし。なんか変なヒトみたいじゃない!

 それもこれも全部フィブリゾのせいよ!
 どうしてくれんのよ! あんたがガウリイを人質にとらなけりゃ、こんな気持ちに気付くことも、ましてやそれで毎日悶々と悩むことだって無かったのに!

 そこまで思い至って、ぴたりと動きを止めた。
 ……そう、あの時あたしは。
 確かに世界を裏切ったのだ。

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

 蒼いクリスタルの中。瞳を閉じたままのガウリイ。
 無事かどうかも、分からない。……生きているのかさえも。
 彼の周りには、ゼルやアメリア、シルフィールまでもが、同じようにクリスタルに閉じこめられていた。

 不完全版の重破斬(ギガ・スレイブ)を防がれて、為す術もなく座り込むあたしの頭に、
「とりあえず一人、きみの仲間を砕いてあげるよ」
 冥王の無情な一言が、あたしの耳に飛び込んで。
 言い終わると同時に、ガウリイのクリスタルから異音がした。

 その瞬間。

 理性よりも、本能が。身体を突き動かしていた。
 銀(しろがね)に染まった髪を跳ね上げて、
「やめてっ!」
 口に出したそれは、悲鳴でしかなかった。

 魔力が底をついていて、もう立ち上がる力さえ残っていなかったけれど。
 シルフィールにも、あれだけ唱えないでと言われていたけれど。
 あの呪文が、世界を滅ぼしかねない危険なものだということも、心の底から知ってはいたけれど。

 この時あたしは。
 世界よりも、そこに暮らす大多数の人々よりも、自分の故郷の家族よりも。死地(こんなとこ)まで一緒に来てくれた仲間たちよりも。
 ただひとり、ガウリイを選んだ。

 それを、裏切りと呼ばずして、何と呼ぶ?

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

 ふっ、と小さく息をつき、枕に顔を押し当てる。
 あの時は何とかなったけれど、あたしのしたことは、決して許されることではない。

「生かしておくべきではないのかもしれんな」
 かつてあたしにそう言った、竜族の長を思い出す。

 それでもあたしは生きていきたい。死んでなんかやらない。
 いつもいつでも、ガウリイの隣を歩いていたい。
 あたしが生きてるだけでも罪だというのなら、向かってくればいい。
 そんな運命、あたしが叩き潰してやる。

 だいたい、ガウリイひとりを置いて逝くなんて、心配すぎて出来やしない。
 その逆も、無理。今更ひとりになったとしたら、自分がどうなるか分からない。

 再び、身体を仰向けにする。隣の部屋は相変わらず無音。
 布団が起こす衣擦れの音もやんで、窓の外には相変わらず紅い月が鎮座している。

 二度と、あんな想いをしないように、させないように。
 窓の外の紅い月に、誓いを立てる。
 ガウリイを護り、自分も護る。
 どんなに強い敵が来たって、絶対に二人で生き残る。
 ガウリイを残して逝ったりしてやらないし、自分だけ生き残ったりもしない。



 その前に、まずガウリイの剣をどーにかしなくちゃね。
 そう思いながら、目を閉じる。今日はよく眠れそうだ。

===================================
End.
===================================

2009.11.16.脱稿
2011.10.16.筆削

以下、あとがきです。


スポンサーサイト

テーマ : スレイヤーズ - ジャンル : アニメ・コミック

07:13  |  スレイヤーズ小説  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.02/04(Wed)

紅月黒布 こうげつこくふ

これはスレイヤーズの二次創作小説です。ジャンルはガウリナです。
ご勘弁な方はバックを推奨いたします。

それもまた大歓迎!な御方。ありがとうございます!↓へどうぞ!


紅月


===================================



紅月黒布  こうげつこくふ   



===================================

夜半過ぎ。

オレは自分にあてがわれた宿屋の一室で、剣の素振りをしていた。
日課になっているこれをやらないと、なんか落ち着かないっていうか。


いつものように、旅から旅への毎日を送るオレとリナ。
そんな中、ふらりと立ち寄った町の宿屋。

この町に着いたのは夕方もとうに過ぎた頃。
着いたと同時に、リナと奪い合うように晩飯を喰った。
これってもう習慣なんだよな。リナと喰う飯はいつも旨いし。
それに、リナが喰ってるモノ、どれもこれも美味そうなんだよな。

――ホントにあいつ、いつも美味そうに喰うよなぁ。
取って喰いたいくらい。だから、食事が毎回バトルになるんだけどな。

腹もこなれた頃、リナと一緒にちょっとだけ酒飲んで、
ようやく部屋に辿り着いたのが、ついさっき。
これだけ色々考えられてるから、今日は酔ってないぞ。うん。

今日は、リナも大人しく寝ることにしたようで、
盗賊をへち倒しに行く為、夜中に抜け出す時特有の、人を寝かそうとするとか、出し抜こうとするとか、
酒をやたら勧めるとかいう、あの独特な雰囲気は確認出来なかった。

ひと安心しながら、隣の部屋の物音が静まったのを、何とは無しに確認する。
……耳いいんだから仕方ないだろ。

ふと、素振りの手を休めて、窓から空を見上げた。

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

空に、昇ったばかりの月。
それは、鮮やかな紅色をしていた。
普段よりも数倍の大きさで。

紅い月は、何故か気持ちを落ち着かなくさせる。

そう、まるで……リナの瞳みたいだ。


あいつの目は、普段は深めの赤茶色。
だけどたまに、目にも鮮やかな紅色に輝く時がある。

盗賊をへち倒す時、強敵とやり合う時。
そして……命のやりとりをしている時。

オレがそれを目にする時は、たいていあきれてるか、心配してるか、命かけてるか、……なんだよな。
すげえキレイなのに、危なっかしいっていうか、壊れそうっていうか、……儚いっていうか。

だいだいだな!どこの世界に盗賊へち倒すのに竜破斬(ドラグ・スレイブ)使うバカがいるってんだ。
もう少し穏やかな術でだなぁ、とどめ刺してもバチは当たらないと思うぞ?

……きりがないので辞めておこう。


再び、宙を見上げる。
そこには、先ほどと変わらずそこにある、でかい紅色の月。

見るたびに落ち着かなくなるのは、先ほどと同様で。


それと同時に、この月は。
辛い記憶も揺り起こす。

多分……その紅色が、リナの瞳の色と共に――もうひとつの色も思い出させるから。

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

まるでフラッシュバックするかのように、あの時の光景が、目の前に蘇る。
もう、思い出したくない記憶。
でも、忘れちゃならない記憶。
そして、忘れたくない、記憶。

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

いきなりだった。
やっと身体を起こしたオレが、一番最初に見たものは、……宙を舞う、リナの身体。

レゾが放った魔力の矢が、リナを貫いた。
吹っ飛ばされるリナ。
力を無くし、転がり続けるその身体。

ようやく止まった。だけど。


……自分の目が、信じられない。


リナが、倒れている。
腹のあたりから、大量に流れ出ている、リナの血。

目の前の敵も、リナに庇われて後ろにすっ飛ばされたシルフィールも、
一緒に戦っていたゼルガディスとアメリアの存在さえも忘れた。
目に映るのはリナ。リナしかいない。

動かないリナ。
駆け寄ろうとするけど、足は自分のものじゃないかのように、もつれて。
気がつきゃその場に倒れて、何度も何度もリナの名前を呼んで……いや、叫んでいた。

頭は沸騰してるみたいに熱くなってるのに、心臓あたりが冷えきっていて、
そのあまりの寒さに、震えが止まらない。

誰でもいい。嘘だと言って欲しかった。
誰よりも、リナ自身に、「なんて顔してんのよ!あたしは大丈夫よ!」と、
元気に言って欲しかった。

止まらない震え。
縺(もつ)れる足を引きずって、リナの傍まで行こうとするけれど。
まるで遠ざかっているかのように、辿り着くことが出来ない。

リナの傍には既にシルフィールが居て、アメリアに手伝いを請いながら、
「治癒」(リカバリィ)の呪文をかけていた。

沸き上がる、後悔 そして 焦りと 怒り。
なんで肝心なところで、いつもオレは伸びてんだ?
さっきだってそうだ。


あと少し。あと少しだけでいいから。お前の隣に並び立てるだけの力が欲しい。


……リナの倒れているすこし前方。
小さな血だまりの片隅に、光の剣を見つけた。
飛びつくように光の剣を拾い上げ、その朱すぎる液体に目を奪われる。
さっき吹っ飛ばされたときに出来たそれは、飛び散ったリナの欠片(かけら)。

後ろにはさらに大きな血だまり。
その、沸き上がる先を、確認するように。
少しずつ視線を移動させていくと、そこに……リナの顔。
いつもは喰ったり飲んだり怒ったり笑ったり、百面相のようにコロコロ変わるその顔は、
表情を忘れたかのように、動かない。

それでも……とりあえず、呼吸はしていた。
良かった。…………まだ、生きてる。

それを確認したオレは、ようやく胸の寒さが少しだけ和らいだような気がした。
同時に、先ほどまでの脱力感が嘘のように、腹の底から力が湧き出す。

リナを護る。

それが、それだけが、オレがリナにしてやりたいことの全て。
コピーレゾに、オレの力など、かけらも通用しないことなんて分かり切っている。
それでも、リナだけは生き続けて欲しかった。生き延びさせてやりたかった。
エゴだって分かってるさ。それでも。

光の剣を発動させようと、鞘に戻した光の剣の柄を握り、気を送る直前。
柄に巻き付け、風になぶられている布の端が、朱に染まっているのを見た。
……リナの血が、付いちまったんだな。
剣に気を送るのも忘れて、その部分に手を伸ばす。


ちょっとあいつに喧嘩売ってこようと思うんだ。
……なあ、リナ。お前も一緒に来てくれるか?


リナの血へ向かって、心の中で呟いた。
そうすると、心が落ちついた。肝が据わったと言ってもいいのか。
まるで、ここにリナが居るみたいだ。

少しだけ血の臭い。でも、決して不快じゃない。

布に、触れるだけのキスをした。
それは、鉄の味がした。

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

軽く頭を振って、血の記憶を振り落とす。
何度思い出しても後に残るのは、焦りと後悔、自分に対する怒り。そして。


“リナを護る”。誓いにも似た、その想いだけ。


リナの血。
何度見ても、見慣れることなんて出来やしない。
だというのに、何度もひどいケガをする。
魔族にケンカ売られまくっているせいなんだがな。
それでもリナは、必ず死の淵からでも還ってくる。
不敵に笑いながら。


何度も何度も、心臓が冷える想いを味わって。
何度も何度も、無事な姿に安堵して。


少しだけ、あと少しだけでいいから、強くなりたい。
最後まで、リナの隣で並び立っていられるように。
いつも、いつでも、お前の笑顔を見ていられるように。
いつも、いつでも、お前の名を呼べるように。

何度も何度も、そう願いながら。

ふと、懐を探る。
あの時、リナの血で染まった布の切れ端。
何の臭いもしなくなったそれは、黒々とした染みを残すだけ。
でも、そこにあるのは、まぎれもなくリナの欠片。

あの頃は、自分の生命(いのち)を捨ててでも、リナだけは護りたいと想っていた。
でも今は。
ふたりで生き残れるように。いつもふたりで笑って歩いていけるように。
それが、今のオレの一番の願い。
オレひとりだけ残されるのも、リナを置いて逝くのも、どちらもご免こうむる。

お前に降りかかる火の粉は、全部オレが払ってやるから。
野良デーモンだろうが、魔族だろうが、魔王だろうが、かまいやしない。
全部、オレが斬って捨ててやる。

だから、今日も明日も明後日も。
いつもお前は笑っていてくれ。
拗ねてもいいから。多少なら怒ってもいいから。


そう、心の中で呟いて、
静かに、黒く染まった布に口付けた。
それはもう、何の臭いもしないし、あの頃のように鉄の味もしない。
手元にあった光の剣さえ、今はもう無い。けれど。
あの時の想いは、今は少し形を変えて、それでも変わらずここにある。
もう保護者だなんて言ってられない。それくらい大きくなってる想いと共に。



今までリナと一緒に旅をしてきた。これからもそれは続くだろう。
願わくば、一生涯続けていきたい。

今日も明日も明後日も。オレはリナの名を呼ぶだろう。
何度でも、何度でも。



===================================
End.
===================================

2009.02.03.脱稿
2009.02.04.筆削

Background music=DREAMS COME TRUE 「何度でも」

以下、あとがきです。

テーマ : 二次創作小説 - ジャンル : アニメ・コミック

08:50  |  スレイヤーズ小説  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。