07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.04/04(Sun)

借りた本立ち読みした雑誌だら書き

 はいどうもです。本日はね、いろんなネタバレがたくさんあります。今回のラインナップは

立ち読みから
・週刊少年ジャンプ 3月5週目に出た号
借りた本から
・「テルマエ・ロマエ」1巻
・「進撃の巨人」1巻

 以上となっております。ネタバレ勘弁してな御方はこれ以上進まれないが吉です。
 本当は買った本(メグセロとスレイヤーズせれくと)のだら書きもいってみようと思っていたのですが、今日はもう日曜日。明日(てか今日の深夜0時)には次のジャンプでちゃうじゃないのよさ、てんで、急遽UPすることに。……てか、早いとこ全米プロゴルフだら書き終わらせてGガン全話だら書きしたいなどと画策中。その前にマスターズ始まりますけど。
 わたくしの明日はどっちだっ!(知るか んなもん)

 では参ります。

===================================

その1 立ち読み「週刊少年ジャンプ3月5週目に出た号」

 やっぱり今回も面白かったですよ「ONE PIECE」!!!!!
 前回、重傷のルフィを助けに来たローにも痺れましたけど、今回の一番はやっぱりコビーでしょう。あの赤犬相手に一歩も引かず、言いたいことをきっちり言って「悔いはない」って辺りが男だ。叫んでる大コマ、コビーだと分かるのにタイムラグがありました。必死な顔がホントに必死だ。どうしておだっち先生はこんなに凄いの。そしてそして、とうとう出て来た赤髪! 待ってたっ! てか前回、ぱさりと落ちてしまった麦わら帽の行方がもの凄く気になっていたわたくし。(ここに注目してたのをスタッフ&社員さんに話したところ、「この短期間でよく……」と、その成長っぷりを褒められた)これをね、すっと拾ったのが赤髪だったわけですよっ! あ~~~~~っ! 持ち主に帰った~~~~~っ! もう、言っていいかな、いいよね(その前に“赤髪”言ってる時点で全てが手遅れ)。
 シャンクス~~~~~~っ!
 ここに来て真打ち、満を持して登場っ! て感じ。

 来週まで待てない。
◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

その2 借りた本「テルマエ・ロマエ」1巻

 ご存じ「このマンガが凄い」の1位。最初はお風呂マンガってなんでしょうね……と漠然と思っているだけに過ぎなかった。だがしかし、普段コミックを買ったことがないと豪語するスタッフTさんが、まさかの購入。その人が「も、ね、オススメです!」と意気込んで言うものだから、どんだけ面白いんだろうとお借りしたわけです。ありがたく。
 読んで驚愕。なんですこれは。ジャンル銭湯でこんなに面白くなるとは。しかも絵(というか裸体描写)が、まるでミケランジェロっすかっつーくらいしっかりしてて芸術的。やたら裸体(男)が出るけれど、やらしー感は全く無し。問題無し。オールクリア。設計技師(風呂限定)ルシウス、タイムスリップのたびに目から鱗落ちまくるあたりが楽しくて楽しくて。しかも帰ってすぐその風呂を作るあたり。ラストで嫁に三行半突きつけられてっけど、次巻はどうするどうなるどうしようルシウス。

 次巻まで待てない。(締め毎回これにするつもりかおい)
◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

その3 借りた本「進撃の巨人」1巻

 棚卸しのその日の勤務前、Tさんと後輩ちゃんが熱く語っていたコミック。最初はちんぷんかんぷんだった。その会話の終わりに「?」て顔してたら、「とにかく読んで下さい!」と薦められ、さらにその場で1巻を借りてしまった。表紙は筋肉標本みたいなでかい顔に向かって飛びながら斬りかかろうとする少年の姿。しかも店では入荷当初からえらい勢いで売れ、この会話の前日には売り切れていた本だったのを覚えていたので、興味をそそられた。
 閉店後、煙草を2本吸いながら、ダッシュでとばし読み。最初から凄い。設定がかなり作り込んであると思った。絵は正直見づらい。途中にあった同僚とのケンカシーンがとくに。でも勢いは伝わった。大ゴマで、主人公の顔におもっきりセリフの集中線がかぶってしまってたとこも残念だった。顔をはっきり見たかったな~。
 OFFの日にゆっくり読む。読み返すとやっぱり引き込まれる。すみずみまで深読みしたくなる。主人公エレンの父の謎とか、何故巨人は忽然と姿を消してしまうのか、とか。
 ちなみにエレン=男、ミカサ=女です。エレンと言うと女性だと思ってしまうのは、間違い無く中学の時の英語の教科書(エレン=女、タロウ=男だった。ちなみに十数年前(爆)のサンシャイン)の影響です。

 以下気になった&印象に残ったとこ殴り書き。

・夢から覚めたエレン、泣いているその訳と、その後に出た意味深な『845』の数字。
・英雄(調査兵団)の凱旋。「何の成果も!! 得られませんでした!!」という隊長の悲痛な叫び。
・エレンに殴りかかろうとしたが、ミカサを見た途端、血相を変えて逃げる町の少年。
・ミカサの無表情っぷり。そして瞳の黒さ。光彩入ってないんだよね小さい時。
・エレンの母の必死の懇願と、「生き延びるのよ!」と言った後、最期の最期に口を押さえてつぶやいた「行かないで……」
・「お前の母さんを助けられなかったのは…お前に、力がなかったからだ…。オレが…! 巨人に立ち向かわなかったのは…、オレに勇気がなかったからだ…」ハンネス泣きながらの謝罪。
・巨人に復讐を誓うエレン。またも意味深『850』
・訓練兵卒業時、成長したエレン「巨人を食い尽くしてやる!!」てとこ、モノローグ集中線が顔に大かぶりして残念。(前述)
・食堂にて殴り合いVSジャン。スタッフ曰く『HUNTER×HUNTER目指して大失敗』酷評だけど言い得て妙。
・殴り合い最高潮! だがミカサにひょいと抱え上げられるエレン。……ミカサ、あなた女性だよね……。そして殴り合いは強制終了。
・父との最後の会話を思い出そうとすると頭痛で倒れるあたり。回想で出たあの注射器はなんだおい。
・食堂でミカサに抱えられるとこ&バカ夫婦をお似合い夫婦に脳内お気楽変換するふたり。ここ多分笑いどころなんだろうけど、エレン本気でイラっとしてたみたいで笑えなかった。
・いきなり出現する巨人。仲間に指示を出しつつ巨人に向かって言うエレン「……よう、5年降りだな…」で実は格好良すぎて痺れた。
・知性がないと言われている巨人なのに、何故か知性を感じさせるくだり。
・別班のエレンに懇願するミカサ「死なないで……」ちっちゃい頃のの無表情っぷりがうそのよう。ごっつ心配そうだ。エレンが頭突きするあたりがお気に入り。お陰でミカサ冷静になる。
・訓練兵の頃の授業の回想。「殆どが男性のような体つき」第1話のラストにどう見ても女性体っぽい巨人がいたような気がする。あのくびれは女性だろう。ついでにその隣には子供型も。
・エレン片足巨人に食いちぎられる。
・恐怖で身がすくみ、呆然とするアルミン。
・丸呑みされそうになるアルミンを間一髪救い出したエレン。しかし自身は。
・何も知らず後衛部隊にいるミカサ。

番外
・やたらべっしゃんべっしゃん投げられてたなエレン。ミカサ×2。ハンネス×1。

 次巻は7月発売だそうだが。別マガでチェックしようかしら。待ちきれないから。エレンのその後が気になりすぎる。あれで退場なんてあるはずないと堅く信じている。

===================================

 てなわけで超ダッシュでUP。今、同居人が「買い物行くよ」と隣で急かしております。やべ、風呂入らなきゃ。

 すいません最後ぐだぐだで。あとで読み直して追記とか手直ししなきゃ。
 ではまた。

2010/04/05 2:19
 ちょい追記しました。ほとんど間違い探しのレベル。もっと早くUPし直したかったのに、買い物帰宅後シチュー食べたり吾郎ちゃん出てたナスカとピラミッドの特番見てたり録画したサンデーモーニング(スポーツの親分と張さんのコーナーを毎週欠かさず見ています)見てたりしてたらあら不思議。あっという間にこんな時間(自業自得)。気付けば2時を過ぎていて、仕事で使うHPのNOCSがとっくの昔に閉店しているという事実に絶望(これも自業自得)。
 ではまた。

スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

20:24  |  コミック話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.03/06(Sat)

ネタバレされて~

 3/4、出ましたね、「ONE PIECE 57巻」
 さすがに大物、北海道も東京と同時発売でした。同日「NARUTO -ナルト- 50巻」も入荷しましたが、入荷数がこのふたつ、倍ちかく違います。さすが初版300万部。
 もちろん、もの凄く力の入れた商品展開をしておりましたよ後輩ちゃん。NARUTOが2列(ファンの方すいませんすいません)に対して、

 ONE PIECE、新刊平台9面+壁面15面出し。

 もうね、平台の中心部が白ひげだらけですよ。
 さらに沿道平台でも3面展開です。

 で、売れ方も尋常ではありませんでした。あまりに忙しすぎて、客注品入荷お知らせTELが滞るほどの勢い。朝番も慌てていたのか、レジ横にシュリンク袋(透明極薄ビニール袋に本を入れ、熱で袋を圧縮するとあら不思議、本にぴたりとジャストフィット、立ち読み防止に一役買います)をかけないまま、「本日発売」告知と共にONE PIECE57巻を2冊陳列してました。

 夕方。中学生風の男の子ふたりがレジに来ました。そのうちの一人がONE PIECE新刊を購入。もうひとりがおもむろにレジ横のONE PIECEを手にとってぱらぱらぱらぱら……。

注。この下「ONE PIECE57巻」ちょこっとだけネタバレあります。ご勘弁な方は回避願います。








「! 白ひげ刺されるトコで終わってんのかよっ!」
 少年っ! それはネタバレだっっっ!!!!!



 ……ううう。わたしまだ51巻途中までしか読んでないのにーのにーのにー(エコー)
 その後も続く少年達の話。

購入少年   「ふーん、そこで終わってんのか」
我 心の声  (ネタバレ怒らないのか。なんて大人なんだ購入少年)
ネタバレ少年 「オレ、毎週(ジャンプ)読んでるから単行本別にいらね」
我 心の声  (一気に読めば新たな発見があるもんだぞ。まだまだ青いな)
購入少年   「おれも買ってるけど、やっぱマンガ(=単行本)も買っちゃうな」
ネタバレ少年 「もったいねー」
我 心の声  (そう言っててもな、大人になるとハジけちまうもんなんだよ。“大人買い”って知ってるか? 自分で金稼ぐようになったらまた来いよ~。誘惑てんこ盛りで待ってるぞ~)

 そして退店。――ツッコミたくてしょうがなかった。でも我慢しました。大人だから。(←違う。さらに言うなら“ツッコミ”と言うには弱すぎる思考。もっと修行しろ我)



 後日、後輩ちゃんに少年の件を報告。その後後輩ちゃん曰く。

「あ、大丈夫です。白ひげ、刺されたくらいじゃびくともしません」

 そーかそーか。大丈夫か。ああ良かった。だいたいだ。本誌ちら見して飛び飛びとはいえ内容把握してるのに、「刺された」が序章ってことに気付かなかったオレのバカ。


 そんなこんなでネタバレされたりもしたけれど、私は元気です。(魔女宅か)
 ではまた。

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

06:40  |  コミック話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.02/15(Mon)

チャンバとメリー

 題名意味不明ですいませんすいません。チャンバは走るもので、メリーは船です。(なんて説明だよおい)
 今回はコミック話二連発です。

 先日、「アメトーーク」見ました。やってたのは「キャプテン翼芸人」。久しぶりに昔の血が騒ぎました。
 思い返せば、自分が同人読者デビューしたのって、キャプテン翼きっかけでした。(書いたデビューは銀英伝ですが)昔の記事にも書きましたが、とにかくふらのイレブンが大好きでねえ。ハチマキのエピソードんとこ、ジャンプ切り抜いて大事に取っておきましたもの。そうそう、やまなしおちなし以下略の意味を知ったのもキャプつばだったなあ。
 中学3年の、南葛・東邦同時優勝でどうやら読むのを辞めたらしく、それ以降(Jrユースとか)がとんと分かりません。てなわけでレンタルで借りてきました速攻で。コミックレンタル万歳。
「やたら長い足~」という同居人の空気読めないツッコミにもめげずに読みましたよ。そんな自分も「ユニフォーム、フェルトで出来てんのかな」と思ってしまいましたけど。だってもこもこなんだもの。やたらありえなくて面白かった~。スカイラブとかツインのスカイラブとか。て、全部立花兄弟がらみだよ。
 さーてと。以降ユースとかロードなんちゃらとか短編とか借りて読まなきゃ。翼プロポーズとか石崎告白とか見所満載っぽいし。……て読みたいとこがなんで全部恋愛がらみなんだ? 自分。

 題名について追記。最初に「チャンバは走るもの」と述べましたが、出典はアニメキャプテン翼のOP「燃えてヒーロー」。「あいつのうわさでチャンバも走る♪」のです。意味不明だなおい。


 昨日はOFFだったので、ようやく「ONE PIECE」を50巻まで読破しました。後輩ちゃんに勧められ、自分も早く読みたいと願っていた44巻でまさかの号泣。

 メリー!!!!! お前は最高の船だぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!

っ……ぜいぜいぜい……。すいません思わず叫んでしまいました。「海へ飛び込め!」の件を読んだ瞬間、自分の中でアラバスタを超えました。
 一件落着するたびに催される宴会も楽しくて楽しくて。その後フランキーが仲間になるところ(パンツリレー)で爆笑し、ウソップが帰ってくるとこで泣き、ブルックが仲間になる件でも、まさかラブーン絡んでくるとはと感動。伏線の張り方と回収が素晴らしいなあと思います。他のキャラたちのその後も、表紙連載でフォローしてあるところがにくい演出。神エネル来た時は、思わず「来たっ!」と握り拳でガッツポーズしてしまいました。(何故)
 朝方に、後輩ちゃんにメールしてしまいました。「ウォーターセブン(てかCP9)感動したっ!」と。しばらくしてお返事つきました。映画へのお誘いでした。どうやら映画を見ても良いところまで読破できたようです。今度、都合を合わせて映画館に討ち入りしてきます。

 駆け足で語りましたけど、どうも語り残したことだらけのような気がします。というのも今仕事中(休憩中に下書きしました)だから。仕事しろーオレ!

 ではまた。

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

20:42  |  コミック話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/07(Sat)

SKET三昧

 ああ。今日ほど内地(=本州)に住んでいたらと思った日はなかった。11/6(金)ようやく北海道でもSKET DANCE 10巻発売になりました。NARUTOの最新刊は11/3に入って来たのにさ、なして大物以外は2日遅れなのよさ。てなぼやきはさておき。

 以下、SKET DANCE一色の語り入ります。興味無い方は今すぐ逃げて下さい。

===================================

 ドラマCDが入荷しても、小説が入荷しても、コミックが出るまで約一週間、耐え難きを耐え、忍び難きを忍び、ようやく昨日の終業後、購入しましたSKET DANCE 3作。どさくさにまぎれてDr.コトーの最新刊も買ってしまったのが駄目人間の駄目人間たる所以。4冊合わせて4000円強。社割が効いて助かった。このために夕方配達途中でズルかましてATM寄って¥おろしてきたのはここだけの話ってことでひとつ。

 深夜1時に超速撤収。後輩ちゃんを送った帰りのコンビニで車を停め、おもむろに鞄から、ねだらず勝ち取り与えられた戦利品(微妙にエウレカ入ってるぞおい)を取り出すわたくし。家に帰ってからだと、同居人の邪魔(やれ冷める前にご飯食べろだ溜まってるTV見ろだゲームさっさとクリアしろだ)が入るので、ゆっくり読書もできんのです。もしかして同居人、私が読書するのあまり好きではないのかもしれません。没頭して話を聞かなくなりますから。ま、そのためのコトー先生購入なんですけどね。こちらを与えて二人して読書すれば、全て円滑に事が運ぶだろうと。だがしかし、私自身もコトー先生が気になる。家に帰る前にこれだけでも読んでおこうっと。

 ……あら不思議。どうして30分経過しているのかしら。彩香さんあんまり出てなくてちょっと悲しいなあ。てか女優さん話で3分の2、残りは内さんの話でした。てか最後の2コマで内さん治ったのか? 展開的に苦しくないか? つかコトー先生の周りの人達病気しすぎ。(それじゃなきゃ話が進まないって事なのか?)いつか彩香さんガン再発話始まるんじゃないかと今から恐れております。――話が脱線しました。今日はスケット話だった。

 コトー先生読破後、そのまま大人しく帰れば良いものを、なぜかもう一つ手に取ってしまいました。出て来たのはSKET DANCE小説1巻。
 止まらない止まらない。小説読むのは銀英伝で培われていますからね、ラノベだったら朝飯前よ。さっくさっく読み進んでしまい、あっという間に半分以上読破。さすがにそろそろ帰らないとまずいだろ、とようやく家にTELし、帰宅。トータル1時間、車の中で読書していたわけです。駄目人間。
 いやしかし、小説もいけてました。ロマンはいろいろ無視して暴走するし、ヤバ沢さんは3(←口の形ね)だし「ヤバス」だし。結城さんとスイッチのリレー小説の件(くだり)で激笑。スイッチいくらホラー要素を相殺するためとはいえ「にょろ」とか「だぉ」って末尾はどうよっ! 生徒会メンバーがオチってあたりが珠玉。七不思議とかデュエットとかリバティ☆真剣とか見所満載でお腹いっぱい。個人的に一番だったのは、「七不思議」で用務員さんの見回りを隠れてやり過ごす時の、ヒメコ手を力一杯握りしめるの件。可愛すぎるだろヒメコ。なんでボッスン惚れないかな。ホント鈍感な子だねえ。

 帰宅して晩ご飯後、ゲームしながら(一番やっちゃ駄目!)SKET DANCE 10巻をいよいよ読み出しました。当然ゲームはおざなりに。てかこの10巻は、ながら読みとか絶対出来ねえ!たいてい購入時は二度読みして、その後は本棚一直線の私にしては、本当の本当に珍しく、まさかの五度読み。
 導入部である、在りし日の父の話からしてもう。のっけから飛ばしますよまったく。途中何度うるっと来たことか。実は本誌で読んで全てを知っていたのですが、それでも一気に読み返すとやっぱりきます。超ストライクです。ヒメコ・スイッチの過去編でも涙したけど、ボッスンの過去編で涙腺崩壊です。さらに現在のあの展開。もうね、ここ読んでる方々は絶対知っていると思うのでね、隠しませんからね。まだ読んでない方はBダッシュで逃げて下さい。(表現古い)

 もうね、「Happy Birthday」から気を抜くと涙腺が緩むわけです。リョウスケが、助けた子どもに言い残した言葉を読んでうるっと来て、14年後、ようやく息子に届いた手紙でうるうるっと。「困っている人がいたら通り過ぎるな。」で、最初に助っ人したのが同じく14歳の椿(彼が誰か分かるまで、若干のタイムラグがありました)だって所にも涙。
 そしてそして、とにもかくにも「Happy Rebirthday 2」ですよ。本誌でもさむいぼ立ちまくりましたもの。今までのギャグ話や仕草、全てはここに繋がる伏線だったのか。そして波瑠さんが「リョウちゃん リョウちゃん」と二度呼びかけるところで、第一次涙腺決壊。そして命名「佑助と 佐介…」で第二次涙腺決壊。「3」で、ボッスンと椿、掛け合い漫才(だよな)後の「誕生日おめでとう」「誕生日おめでとう」と言い合うところで、第三次涙腺大決壊。
 ……なんだよこれ。凄すぎるじゃないのよさ。最近コミックも惰性で買うようになってましたけど、スケットだけは毎回買う度に浮かれてます。てか最近のコミックやら小説やらで発売日ジャストに買うの、正直これだけです。

 とりあえず泣きがおさまり、ゲームも止め、(感想書きできるように)ノートPCの線を繋げ、イヤホンとCDプレーヤーを用意し、同居人が寝静まったのを確認し、プレーヤーに入っていたB'zの「MY LONELY TOWN」でイヤホン二種のうち、音のいい方を選びました。(えらい用意周到だな我)てか、最近買ったお気に入りの「耳にひっかけるよタイプ」よりも「昔ながらの形です」タイプの方が音がよくて、かなりショック。せっかく買ったのに、無駄だったよ。
 ……すいません、脱線しました。で、ゆっくりとB'zのCDをSKET DANCEのCDに入れ替えます。声に違和感とかあったらどうしようとか思ってましたけど、こちら大抵のことに寛大(無頓着と言わないで)なわたくし、声にもすぐに慣れました。以下読み飛ばして頂いて結構です。

 ボッスン=結界師の良守の印象が強いと思ってましたけど、あっという間に「ボッスン」認識にシフト。ヒメコはヒメコだった。ヒメコ以外の何者でもない。完璧すぎる。スイッチ=銀さんだったりキョンだったりに聞こえるかとか、もしかして棒読みだったりするのかと思ってたけど、すごいな。使ってる音声ソフト、クオリティ高い(着目点が違う)。八木ちゃんの淡々とした語りで、「あー、こういう感じの放送ね」と。次回からコミック読むとき、脳内で音声変換出来そう。そしてまさかの振蔵のっけから登場&テンションの高さに爆笑。小説やコミックだけでなく、ここでも浪漫暴走。どこまでも進め。いけいけどんどん。百香も可愛すぎた。ダンテやヤバ沢さんも、出番ないんじゃね? と思わせといて、あの活躍。ダンテだけでもう一本ドラマCD作ってくれないかしら。てか初代ペンキ仮面がまさかのほっしー。びっくりすたよここでほっしーとは。ホントこのCD、豪華すぎるわCVが。つかね、生徒会もすごいことになっている。でもだ。やっぱり椿=櫻井さん。これは事件だ。クラウドだよ、スザクだよ009だよニーバだよマ王だよ。

 暴走しました。特に最後。当方クラウドが猛烈に好きなので、止まることなど出来ません。ちょっとは落ち着いたほうがイイと思います自分。

「ペンキ仮面2号」は、原作ばりの伏線があちらこちらで回収されていく感が、聞いてて爽快です。ボッスンの集中モードを説明するスイッチもなんかイイ。
「吉備津百香のお久しブリッツ☆」は、「だぉ」という言い方を始めてリアルで聞きました。爆笑しました。そうか。ああ言うのか。そして電話してくるスイッチも笑える。
「ある日の定例会議」は、のっけから椿。最高だ椿。何と言ってもメロンパン。椿の「愚か者」も爆笑。

 できればアニメ化して欲しいなあ。ソウルイーターも願い続けてたらアニメ化になったし、SKET DANCEも、もしかしたらアニメ化あるかもかなあ。CVは出来ればこのままで行って頂きたいのですが(慣れたので)。てかボッスンと椿とヒメコとスイッチ(と百香と浪漫と結城さんと八木ちゃんと以下略って、ほとんど全員じゃねえか!)はCDのままの声で……。て、どこまで我が儘なわたくし。

===================================

 あまりにも浮かれすぎて大暴走してしまいました。そろそろ締めないとヤバス。
 ではまた。

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

10:33  |  コミック話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.03/13(Fri)

同人とわたくし

いやっほい♪ついに家でネット解禁です。
凄いですね最近は。払い込んで10分後には再び使えるようになりましたよ。
これでまた家でのんびりネット出来るというものです。
これだって、携帯で親指ぶっ壊す覚悟で打とうと、PCに下書きしてた日記ですが、
何とかコピペでUP出来ました。てかこの文面を携帯で打つなんて、気が遠くなりますし、親指が多分折れます(んなこたねえだろうよ)

では、本日も戯れ言抜かします。

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

最近、商業コミックでも同人作家さんがアンソロで出したりしてますね。
自費出版ではなく版元から依頼あるんですから、凄いです。
うちの店でも、「家庭教師ヒットマンREBORN!」のとか「銀魂」のがそれなりに売れます。
圧倒的にムービックのものが多い(てかそこ以外仕入れていないかも)ですが。

「これってあれだ。自分で書いて自分で出してる人たちでしょ?」
「そうです。同人作家って言うんですよ」
「へー。同人かー。あー、そーいや同人なんちゃらって雑誌出てたっけね
そーかー。すごいね、自分で本出すなんて~」

……なんて。すごい勢いでとぼけました。わたし同人しらないよーってな態度をとりまくりです。
もちろん大嘘。

ちょいと思い出してみました。

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

あれは中学2年の春。違うクラスではあったけど、小学校が同じだった女の子がおりました。
ある日、その子が「キャプテン翼」好きであることが分かり、あっっっっという間に仲良くなりました。
当時、他にも仲良くしている子達がおり、そのグループに「裏切った」だのなんだのと言われ
平手打ち喰らったこともありますが、それも若い日の青い思い出です。いまなら爆笑もんだよそれ。

あの頃は放課後、誰もいなくなった教室で毎日、やれ今週のジャンプが凄かっただの、松山君が格好良かっただの、ふらののなだれ作戦が凄いだのと、必要以上に熱く語りまくってました。
分からんでしょなだれ作戦。イレブン全員で敵陣に攻め込む、ある意味捨て身の戦法です。
もちろんゴールキーパーも攻め込みますよ。だからゴール前無人くんです。
むこうが松山君好きで、わたしは「小田和正」好きと申しておりました。
さすがに知らんでしょ。小田和正は。超有名なオフコースの歌うたいさんじゃありません。
ふらの中学のたしかFWです。背番号は……うーん。9番だったかな……(全く自信なし)
とにかくふらのイレブンが大好きだったんですね。当時のわたしは。
ジャンプに付いてきた折り込みポスター(表がイラスト・裏が主要中学イレブンの顔絵&ポジション)
なんかも大事に持ち歩いてたりして。当時はそこに載っていた面子のフルネーム、漢字で書けましたが、今ははりきって無理です。大体今のキャプテン翼に小田和正とか反町一樹とか出てないでしょきっと。井沢(フルネーム忘れた…)とか滝一とかも出てますか?
当時は「ぼくの心臓、まだ動いてる」とか、「GSGK」をガソリンスタンドゴールキーパー
(正しくはグレートスーパーゴールキーパー)とか、とにかくネタを言っては笑い合ってました。

冬休み。いきなり彼女に誘われて、一緒に札幌に行きました。
何も分からないまま連れてかれたのが、同人誌即売会の会場。
いやもうびっくりしました!原作以外でキャプテン翼の漫画が読めるなんてと浮かれまくり、その日持っていた全財産を使いまくって買いまくり。中学生の小遣いだからたかが知れておりますが、それでも大量の同人誌を購入して、帰りのバスで読みふけり、軽く車に酔いました。

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

その後、友人が作る本の売り子なんかもしましたが、自分で作るとなるとなかなか。
だいたい、中学生の頃の自分の画力なんぞ、目を覆いたいものがありましたから。(今もだ今も!)
友人は結構絵が上手く、その当時からスケブ頼まれたりしてました。
わたしも松山君書いてもらったな。うん。
彼女の本に1Pだけゲストで描いたりもしました。なんて恥知らずな。

その後、銀英伝の本を作り始めたわたくし。なんて命知らずな。
やがて、でかい会場のイベントにも参加するようになり、そして他のアニメにも転びました。
「鎧伝サムライトルーパー」です。(爆笑)
毎週放送日にはダッシュで家に帰り、必ず2回以上見て、何かの事故(特番入るとか予約失敗とか)があると本気で泣いたり怒ったり。若かったし暑苦しかった。
今でこそ「ええと、反物が舞うヤツ?」なんてとぼけた事を言ってますが、ホントは熟知しまくりです。
見始めたのは第1部の、光輪のセイジが復活するあたり。知らんでしょうが突き進みます。
大体、新番組として始まってすぐに、集合した5人がばらっばらに封印されるってどうですか。
特に天空のトウマが復活するトコ(大ボケの称号を不動のものにした回です)なんて、本気で爆笑しましたよ。
寝ぼけて必殺技開眼するなよ智将。

一番好きだったのは水滸のシン。ですが全員眉毛が二股だったのには正直辟易してました(激笑)
主役の烈火のリョウが言う「妖邪め!」っていうあの舌足らずっぷりがとにかく楽しいですよ。
他にも突っ込み所満載で、多分今見ても楽しいと思います。
そういえばガウリイ役の松本さんを初めて知ったのも、この作品でしたっけ。
ちなみに闇魔将・悪奴弥守(アヌビス)ですが、ここまで覚えてる人いるのかな。

相変わらず札幌のイベントばかりに出ておりましたが、商業誌にデビューする前のCLAMPのトルーパー本も購入したし、新書館で連載している橘皆無さんが「なかよしりぼん」で出したトルーパー本も購入。
今でも持ってたらプレミア付いたのかしら、もしかして。残念ながら同人活動を辞めた時に、人にあげたか捨てたかしてしまいました。今思えば、なんっっってもったいないことを!
残したのは、銀英伝、ヤン提督の最期を描いた個人誌。その方の出された本3冊だけはどうしても
捨てられませんでした。その方も、その本を最後に同人活動を辞められたそうです。

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

社会人になってしばらくして、同人活動から足を洗ったわたくしでしたが、かな~り時が経ってから友人となった女性が、これまた同人作家で。しかもその人は年に一度か二度、東京に遠征に行く(しかも一般参加ではない。そして参加するのはあの巨大イベント コミックマーケット)という強者。
いつも締め切りに追われていた彼女の為に、何度もベタ塗り・トーン張り・写植を手伝っており、「もしかして経験者じゃないの?」と言われました。その時も当初はすっとぼけていたのですが、観念してネタ晴らし。案の定、「やっぱり~~!」と言われてしまいました。
でも、彼女の本の『SPECIAL THANKS』欄に毎回わたしの名前が入っていて、それがとても嬉しかったのを、昨日のことのように覚えています。

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

いやー。なつかしいなぁ。そーかそーか。そんな昔だったか。もう20数年前の話ですよ。
うわ。あまりにリアルに時の流れを感じて嫌んなった一瞬。

ではまた。

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

10:25  |  コミック話  |  TB(2)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。