04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.01/01(Thu)

あけましておめでとうござい

年明け早々、自分の節操の無さに嫌気がさしております。

スレイヤーズにはまってしまいました。こないだまで「パトレイバーっ!」と吼えていたくせに、なんて尻の軽い。
いや、パトレイバーも萌えたままなんですが。

ていうか、好きになる基準がカップリングにあるんですね。私の場合。
特に“天然級に鈍い女子”ד女子に振り回される男子(もしくは男性)”という構図が大好物で。

ARIAだと灯里さんと暁さんだし。パトで言うなら泉 野明と篠原遊馬。んでスレイヤーズならリナ=インバースとガウリイ=ガブリエフ。(いやしかしアメリアとゼルガディスも捨てがたい)全部ご存じなら共通点だらけでしょう。この三組。

さらにプラネテスのタナベとハチマキとか、エウレカのエウレカとレントンとか、サイボーグ009の003と009とか、ハガレンのウィンリィとエドとか、蟲師の淡幽とギンコとか、幻水3のセラとルックとか、ゼノサーガのシオンとアレン君とか、金田一少年の事件簿の美雪とはじめちゃんとか、…おっと大事な物を忘れていた銀英伝のフレデリカさんとヤン提督とか。

全部、なんというか微妙な距離感とか、好き同志なのにやきもきするところとか、なかなか一歩を踏み出せないところとか、そういうところが大好きで。てかノーマルCPばかり好きだなオレ。

===================================

そんなこんなで、スレイヤーズを熱く語ります。もう止まれません。(新年早々駄目人間。

スレイヤーズはとにかくアニメが良かった。無印・NEXT・そして最近放送されたRevolution。んで本日TRY全部見ました。正月早々なにやってんだオレ!他に映画が数本あるのですが、そちらはまだ未消化です。つうかDLしたくてもファイル古すぎてDL出来ない。

無印の終盤、シルフィールを庇ったリナが重傷を負ったときのガウリイの叫びに、見てるこちらも心臓鷲掴みにされたかの如くきゅーーーっ!と切なくなって。何度も何度もリナの名を呼ぶ彼がもう。リナの元に駆け寄ろうとするけれど、何度も転んでしまうあたり、普段、凄腕の剣士なのに、そんなにそんなにショックだったのか、とか、そんなにリナが大事なのか、とかもう、悶えまくって七転八倒。

さらにNEXT。深手を負うアメリアに駆け寄るゼルとか、(この後復活(リザレクション)の呪文を唱えてもらって事なきを得ます)ゼルにお姫様抱っこされて赤面するアメリアとか、冥王フィブリゾに人質として連れ去られるガウリイを必死になって追いかけるリナにも激萌え。

極めつけは、最終局面で世界よりガウリイを選ぶリナ。これほど強烈な告白もありません。冥王の目論見通り、「制御に失敗すると世界を滅ぼす呪文」を唱え、やっぱし制御に失敗し、金色の魔王(ロードオブナイトメア。通称L様)に身体を乗っ取られてしまいます。
リナの身体を借りた金色の魔王から
「私は、かつてリナと呼ばれていた者の意思によって、この地に現れた。
それは己の全てと引き替えに、その男の命を、助けること。
リナと呼ばれし者の尊き願い、誠の意思、純粋なる心、
その想い故に我は此処に有る」
て、L様最高!…これのためにDVDを何度も再生した私を、馬鹿と罵って下さい。

そして混沌に帰ろうとするリナ=L様を追っかけるガウリイ。恰好良すぎ!いままで「くらげ」とか「脳スライム」とか「脳ミジンコの剣術バカ」と呼ばれ続けたというのに、元来美青年剣士だったわけなので、いやもう。ぶっちゃけ美しすぎです。金色のとことん(←BYガウリイ)じゃない混沌の中で、ようやく追いついた彼の元に返ってくるリナと、粋な計らいしちゃうL様。ついでにキスかますふたり。いやんもうっ!たとえレンジの中みたいにくるんくるん回ってたとしても、悶えすぎたので許す。(大馬鹿。脳スライムってオレのことかも知れねえ
結局、金色の混沌の中での記憶はきれいさっぱり無くなってましたけどもね。二人揃って。

TRYはウィキったらなんというか、さんざんに書かれてましたが、(曰く「スレイヤーズ」の世界観から逸脱してる、とか、リナたちの活躍が少ない、とか、後半の主役がフィリアになっとる、とか。)かなり楽しめました。
前半盛り上がった後の遊園地ネタとかちょっと、うえっ?と思いましたが。あれですよ。ナディアでもあった南の無人島で~ていうドタバタ劇みたいなもんです。
本筋に戻ってからはセカイ系になってしまいましたが、なんとかついていきました。ゼルと一緒にいるリナにヤキモチやくアメリアも可愛かったし、ガウリイは相変わらず鈍感(わざとかも)で脳スライムだし。ですがしかし、随所に密かにちりばめられているガウリナがもうっ!
ああ大好きだガウリナっ!!!

Revolutionでのガウリイ、1話で「こいつ(リナ)の飼い主」って言うしっ!ぎゃーす!どんな意味っすかっ!?全編ギャグのようですが、押さえるとこ押さえてていやもう。リナがピンチの時には、速攻で名前呼びながらリナの元に行こうとするし。ごんごろ祭面白かったし。(BY6話)ポコタ憎たら可愛いし。
ああもうっ!早くevolution R始まらないかしらっ!

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

原作も良いんですが、恋愛っぽい記述はあまりありません。本編しか読んでおりませんが。すぺしゃるとか刊行されすぎてて、読み続けるのムリでした。当時まだ学生だったし、そんなに本も買えなくて。本編は全部持っていたんですが、最終巻の「デモン・スレイヤーズ」以外売り払ってしまいました。まただよ。だから売らなきゃ良かったのに。こないだパトレイバーも集め直したというのに、またスレイヤーズ集め直してるし。ホント、いい加減にしないと。

原作なにがいいって、人の良さも悪さもしっかり書かれているところ。敵だと思っていた人が実は味方だったとか、味方と思っていた人が実は世界を滅ぼそうとしていたりとか。そういうどんでんも大好物です。敵にもそれなりの理由があって、本当に悪いのは誰か分からないという展開も激萌えです。リナの頭の回転の速さも爽快で、たまにガウリイにジェラってしまうところもいい。
ちなみに原作のガウリイはアニメよりおばかではありません。てか絶対わざとおばかやってる。ばかやってリナの反応見て楽しんでるんだ。確信犯だ。(妄想てんこ盛り

小説はそのうち、一冊ずつ感想をちまちま書くかも。(やめぃ!

===================================

ああもう。なんかとにかく自重します。

さてと、幻水腹一杯話も書かなきゃ。(求められてないからやめなさいっての

暴走ついでにまた懲りずに書いたスレイヤーズの、いや、ガウリナ絵を落とす!たぶん5時間位かかりました。服のディテールとかガウリイの剣とか手抜きしてますが。(駄目人間っ!

ガウリナ001

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

07:35  |  スレイヤーズ絵  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://dameningensagami.blog95.fc2.com/tb.php/101-dce11d4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。