07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.01/07(Wed)

うぎゃーす!

のろのろしているうちに、連休二日目突入してました。
何一つ終わってません。(SSとか

うちの人とプチ言い合い。曰く「食い散らかさないで、どれかひとつに絞って、やり遂げたらどう」かと。たしかにわたくし、食い散らかしはデフォルト設定ですから。しょうがないじゃないかっっ!てかそんなとこまで見てたのか。なんて暇人よく見てる人だ。
彼から見ると、気が付けばPC叩いてたり、本読んでたり、バラエティ見てたり、ゲームしたり。見ててもどかしいそうです。どれかひとつに集中しろ!と言いたかったらしい。
自分的には、ひとつひとつ、区切りつけてやってるつもりなんだけどなぁ。

一応反省して、昨日購入した「スレイヤーズ」小説を全部読みました。死ぬかと思いました。1~9巻まで一気読み。その後、呪文とかガウリナ絡みのところに栞して、PCでデータ化。何をしたいんだろうかオレ。一人称のチェックもかかしません。(ああもう。SS書く気だよおい
……てか、原作いい。やっぱりいい。読み込むと、ガウリナな感じがもう悶えるほどいい。さらっと読んだだけでは気づかなかったところにもガウリナが満載。悶える。萌える。

ここから↓随所にネタバレありご容赦されたし。

さらに「新スレイヤーズ ファルシェスの砂時計」。たしかに胸ばいーんだし、(←リナ除く)やたらパンチラあるけどもだ。リナは幼児体型じゃなくてスレンダーなんです。きっぱり。そんな感じで描かれていたので、とても嬉しい。そしてガウリイがとにかく美人。鼻血吹くかと思った。ありとあらゆるところにガウリナだったりゼルアメだったりルクミリがあって、それもまた嬉しい。
原作では無かった6人パーティーが見られてご満悦。このシリーズ、続いてくれないかな。
デフォルトなガウリナ食事風景(奪い合いとも言う)も、捕まえた捕虜が自決する寸前で、リナに飛びかかって庇うガウリイにも、そのあとの鋭い彼にも、ついでに長い間抱き合ってるガウリナにも悶え苦しむ始末。横恋慕ゼロスに生活指導スルーかますアメリアと、その後の彼女の「横恋慕を企んでたとはなんたる色情魔! リナを抱いていいのはガウリイさんだけです!」グッジョブアメリアっ!
ルークが魔石をリナに貸し出す時の「消費した分代金は請求しますから そうそう 今回の遭難の被害請求もお楽しみに」ていうブラックルークも怖くていい。
ズタボロアメリアを庇うゼルガディスに悶えたり、あと一撃が届かなくて、悔しさに半分泣きながら後ろにすっ飛ぶリナを横抱きに、剣をぶん投げるガウリイの「言ったろ 一人で背負わなくていいってな」に心臓ばくばくしたり。闘い終わって座り込むルークを、後ろからやさしく抱き締めるミリーナに涙出そうになったり。リナが躊躇しているところに、ガウリイが手をそえて神滅斬を発動するところで見惚れてしまったり。
特に最後の最後。木陰で居眠りこくガウリナ。ああもう可愛すぎだあんたらっ!でもリナさん、大股開きはやめといて下さい頼むから。
……なんだか書きすぎた。すみませんすみません。しかも1巻完結しておりました。よかった。

「スレイヤーズREVOLUTION」もリナ可愛いし、ガウリイ格好いいし、ポコタ可愛いしで、あっちゅー間に読了。アニメのままだったので(多少の端折りはありますが)、読みやすかったってのもありますが。
ゼルがかなりお茶目だったりしたけれど。(こいつはアニメにもあったやつ。ポコタをおびき出すためにディナー用意するところ)自作の魔道戦車を倒された時のガウリイの「これ 雪兎だったのか? おれはてっきり……」てコマ、どう見てもリナの耳元で話してるように見えて馬鹿みたいに悶えていたので、やっぱり駄目人間ですオレ。
レプリカ光の剣発動時の、ガウリイが一瞬息を吸いこむコマでも七転八倒しました。その後の、VS暗殺者ズーマでのガウリナの連携も見てて胸がすく思い。
リナの「あたしの支配者はね……この世でただ一人 リナ=インバースだけよ!!」で爽快気分になり、最後の最後、ガウリイの「根性みせろ!! 光の剣!!」てのと、発動させた神滅斬と一緒に大ボスを斬るリナとガウリイ。さらに畳み掛けるようなリナの竜破斬。悶えポイント満載。
しかし一番悶え死んだのは、牢獄から集団脱走中のガウリナゼルアメに襲いかかる暗殺者ズーマ。
リナを後ろから羽交い締めにして、その首筋に刃物代わりでもある爪を滑らせるズーマに、「しとめられて…… たまるかぁ!!」なんて言いながら蹴りをくらわせるガウリイ。間合いをとってリナを後ろに庇うガウリイの恰好良さと、リナの「あ…… ありがと…」 きゅん ←!これ!この“きゅん”にやられました。頬染めてるしっ!どんだけかわいんだリナぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~っ!

落ち着けオレ。

すみませんもういろいろと。開き直ります。

===================================

「SKET DANCE 6」……いやもう。ただただ、ロックフェスがあんなにいい話だったなんて。恰好いいとだけ思ってました。色々反省します。とりあえず the pillows の Funny Bunny ダウンロードしてきます。宇宙モノもクイズも散髪も堕天使(w)もモモカもJソン先生も楽しい。でもでも、#49~51のロックフェスが最高でした。表紙見てBECKみたいなんて言ってごめんなさい。泣く。泣ける。

「天空聖竜~イノセント・ドラゴン~ 6」――やっぱりいいな。男の筋肉。美ですわ。(ああもう黙れオレ
チベットっぽい衣装やら名前の独特さやらも好みですが、なんせかんせ、主役のラムカがいい男すぎです。いろいろネタバレするわけにもいかない(てか読んでる方いるかしら、この作品)からお茶にごしますが、愛くるしいマスコットキャラのナムが……ナムがぁぁぁ……。(涙
どう終わるのか、全くわかりませんが、ラムカとカナンには幸せになって頂きたいです。是非。……でもラムカの弟サニンもあのままじゃ悲しすぎるしなぁ……。

そして。何を思ったか衝動買いしてしまいました。
「書きあぐねている人のための小説入門」 中央公論新社・中公文庫・保坂和志著。
店に3冊在庫あったので、気まぐれで買いました。……こういったハウツー本は極力買わないようにしてたのに。てか過去に一度だけ、三笠書房の自己啓発本を買って大後悔したわたくし。自分のことだろ、本に頼ってどうするよ!なんて思って、それ以来自己啓発本から遠ざかっていました。しかもその時に買ったのが、「女の生き方」みたいな本。いま思い出してもこっぱずかしい。
――だというのに、また買ってしまった……。自己啓発とは違うんですが、なんだろ。なんか避けてました。まだぱらぱらとしか読んでませんが、参考になりそうです。思わず「ライトノベルの書き方」本も検索かけてみましたが、そちらは自店に在庫がなくて諦めました。

てか休み前のハジケ購入、¥5000越えたし。買いすぎだし。本ダイエットしようって店のみんなと誓い合ったのに、なにやってんでしょうかまったく。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

07:21  |  スレイヤーズ話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://dameningensagami.blog95.fc2.com/tb.php/106-7db47fc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。