10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.04/02(Thu)

最終回の話を少し(ネタバレ注意)

アニメ最終回の話を少ししたいと思います。
少しネタバレしてるとこあります。
結末はDVD待ち!とか、楽しみにしててまだ見ていない!に該当される方は、今すぐ回れ右を推奨いたします。

===================================

そのいち。屍姫

注:ちょいとだけ辛口です。

いやもう。びっくりした。そう終わるのか。何故か最終回だというのに、マキナとオーリが話している所の口パクが、一昔前のアニメ見ている位の動かなさっぷりだわ。作画レベルも良かったり悪かったりと、上へ下への大騒ぎ。
そしてというか、やはりというか。
結局主役二人の演技力は、向上することなく終了してしまいました。

話自体は最高でした。特に「地獄の先へ」から「一〇八の嘘」を経て、最終回「屍の果て」までの流れが。
「一〇八体の屍を斃した屍姫は、天国に逝ける」という大前提を完全否定。一〇八体を斃した屍姫は「破壊の屍」になってしまい、敵味方の区別無く、周りにいる者を全て殺し壊す存在に成り果てる。それを殺すことも斃すこともできない光言宗は、「破壊の屍」化した屍姫や、それになりつつある屍姫を密かに封印するしか出来なかった。
……ていう、アニメ設定に本当に驚きました。

でも。でもさ。最後近くで、オーリが大麟館にマキナを連れてきて、ここで暮らそうとか言い出した時は驚きましたし、「違うだろ!」とTVの前で叫びましたよあたしゃ。ま、オーリの心情も分からないではない。このまま戦い続ければ、いつかマキナも「破壊の屍」になってしまう。遅かれ早かれ、転生することも天国に至ることも出来ないまま、棺に封印されてしまうのだから。そう考えて、「全て忘れて、普通の女の子として」そこで生きて行こうというのも、彼の心境や人柄から、そう言わさったんだろう。
結局マキナが「否」と言い、また戦う事になるんですけども。

しかしだ。ラストカットが、北斗を殴り続けるマキナの図ってのも、どうかと。しかもこの後どうなったのかも分からないままだし。想像しろってか。

最終回だからそうしてくれというのは無理なのかも。しかしあえて言うならば。OPも普通にあったし、ED(歌は途中から最後まで掛かったので、それは大歓迎)も絵は通常通りだったし。出来ればそこに後日談とか入れて欲しかったのですが……。(それは前述のマキナ殴り続けカットで終了だから、無理なのか?)

総括。不完全燃焼。――原作、読もっと。

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

追記。屍姫の呪い再来。

「一〇八の嘘」の焼き終了後、最終話「屍の果て」を焼き最中に、DVDがセルフチェックモードに突入。最終話の録画に失敗するわ、「一〇八の嘘」の至る所にブロックノイズがでるわで、正視に耐えない状態に。しかもDVDの容量はフルになり、それ以上焼き込み出来なくなる始末。
たった2話を入れるためにDVD一枚使うのも癪だったので、結局焼き直すことに。
ついでに言うと、屍姫再生中、DVDがやたら誤動作していたのも気になった。

呪い、ハンパねえ。

===================================

そのに。タイタニア

原作が終わっていないのだから、しょうがないとは思いましたが。
ジュスランなんか仕事した?ファン・ヒューリックだって、ちゃんとした艦隊戦(万単位の)は、数えるほどしか無かったんじゃないか?しかも、やれ刑務所に入れられるわ、脱獄するわ、ゲリラ戦やるわ、地下に潜るわ。宇宙はどした。
うーん。ジュスランというと、しょっちゅう藩王に呼び出されて意見を求められていた場面と、アリアバートと話してた場面くらいしか覚えてないなぁ。ファンに至っては、「とりあえず飲みに行こう!」で夜の
歓楽街に消えるんですよ。もう、どこから突っ込めばいいのやら。
最後の最後。手紙を書くリディアも、それを遠くで読むバルも可愛かったけど、最後、リディア頼みになるぐだぐだのENDはどうかと思うわけです。

てかスタッフ、本当にリディア好きなんだなぁ。至る所にリディアだったもんな。
無理と分かっていても。アリアバートとイドリスの喧嘩が見たかったですよ。(新書版3巻P146-147。第七章 大分裂)

===================================

そのさん。ゴルゴ13

なんというか、自然に始まり自然に終わりましたね。次回予告が無かったから最終回だったと分かったようなものの、いつもと変わりない感じでしたよ。最後はゴルゴが自動車事故で利き腕を怪我する話でしたが。密かにキャストに井上さんが出ていたので、二度見しましたよ思わず。
次回予告の声もしている銃屋のおやじさんもちらっと出てくれて、かなり嬉しかったなぁ。
てかさ、中国系の名前というとすぐ「ヤン」になるのって、デフォルトなんですか?

しかし。最終回はウィキで読んだ、「ゴルゴが笑う」話を期待しておりましたが、見る事が出来ませんでした。残念。そのうちどこかの漫喫かレンタルコミックで借りてこようかと(150巻以上もあるのにかっ!)思いますが、多分無理でしょう。
結局1話も欠けることなく、全部見られました。自分にしては快挙に近いです。

===================================

そのよん。RIDEBACK

掟破りの最終回のみ視聴。#2までは見ていたんですが、そこからは飛び飛び視聴になっています。全てDVDに焼いてあるので、時間を作って#1から見直すつもりではありますが。てかOPかっこいいなぁ。しかし、テロリスト話にシフトしてからは置いてけぼり感を感じてしまっております。
こちらも最終回でもOP・EDが普通に流れました。

てかライドバックかっこいい。あんなん本当に乗り物としてあったなら、絶対乗り換えるのに。(その前に、乗りこなせないから)
話を通しでみていないので、詳しく語ることなどできませんが、BGMの「展覧会の絵」しかもキエフの大門ですね。あれが最高です。ピアノってとこがさらにいい。本当にライドバックでバレエを踊っているようで、とにかく綺麗でした。

ラストカットの桜吹雪が綺麗すぎます。

===================================

そのご。ソウルイーター

てかレイトショーはあと1回あるんですけども。夕方の本編は最終回を迎えたので。
OP無しでいきなり本編突入しました。最終回感てんこ盛りです。さて感想はと言うと。

最高だった……。1年間見続けて良かった……。原作とかなり変更している点がありましたが、それもすべてひっくるめて最高です。BJもミフネも存命してるし(ひそかにすごいネタバレしてない?これ)みんな無事だったし。キッドも頭のライン繋がったし。(終わった後は元に戻っていましたが)ソウルも小鬼飲み込んだし、なんたってマカ武器として無意識に覚醒するし。でも最後はパンチ一発で鬼神倒して大団円でした。特攻かますマカを嫌がる阿修羅の「オレを消したところで、どーせすぐに二代目とかJrとか真とか2(ツー)とか誠とかNEWとか色々名前を変えて、狂気の原因は生まれてくる!」「無駄なんだよ!!」てのにも爆笑。すごいなポプラン&遊馬の中の方。(中って言うな!意味不明な方すみません。てかおとなしく諸星あたるって言っておきなさいよオレ)
最後の「そんなこと」「知るか~~~~っ!!」てマカの一言がマカらしくて極上でした。

最後が「アイワナビー」で締めってとこ(しかもフル尺?)も最終回感満載で感動。

てか原作ではメデューサと共闘してたけど、アニメでは倒しちゃいましたね。(さらりと流すことかそれ)
来週のレイトショーが楽しみです。

===================================

そのろく。銀魂 -ぎんたま-

#150「長いものには巻かれろ!!」
これも入れるの?……何度も騙されましたからね。ほんっとうに、今期で最終回だと思っていましたもの。そしたらあのどんでんでしょ。笑いましたね。この回が放送された時だって、「信じない。ぜっっっっったい信じない!」て言いながら見てました。結局は監督の無駄なあがきだったわけですけども。
「改」とか「真」とか「Ver.2」とか。いろいろ付けて改題される最終回タイトルにも笑かしていただきました。
とくにエヴァ最終回(TVでのあのカオスなアレです)のパクリに大爆笑。しかも長谷川さん、あそこだけゲンドウになってたし。

そして「ジャンプのアレ」ですよ。正式名称なんていうんだろ、と思い、EDでのスタッフロール見ていたら、キャストにジャンプのアレのマークが出て、その横にキャストさんの名前が書いてありまして。ここでも大爆笑しました。

===================================

よし。こんなもんだな。ドルアーガは後日書くつもりですが、いつになることやら。
そんなこんな言っているうちに、スレイヤーズも最終回近いじゃないですか。泣きそうですもう。

ではまた。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

11:45  |  アニメ話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://dameningensagami.blog95.fc2.com/tb.php/181-2d9b7fa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。