06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.04/20(Mon)

奇跡とか偶然とか

いやあもう。奇跡とか、偶然とか。本当にあるんだなぁと実感。

たいしたこたないんですけどもね、スレイヤーズなブログ様巡りをしているときに、時折目にしていた林原さんのラジオ番組「林原めぐみのHeartful Station」。
まさかまさか。北海道でもやってるなんて夢にも思っていなかったわけで。
しかも普段は聞くとしたらFM局なわたくし。さらに言うならラジオだってほっとんど聞きません。
移動中の車内で、しかもCDとかに飽きたときだけ、ちょっと聞くくらい。

それをですね、聞くことが出来たわけです。偶然が幾重にも重なっての奇跡でした!
まず、普段は絶対聞かない時間、そして聞かないAMラジオ。
なんで聞けたかってのは、語るのもくだらないのですが……要約すると、「真夜中ヤボ用で実家に行った帰りに聞いた」実家と自宅の距離が30分ほど離れているので、ゆっくりじっくり聞けたわけです。ついでに前日バッテリー交換していた為、ラジオのチューニングが合ってないのも幸いしました。
チューニングを合わせた後、本当に、本当に気まぐれに
「久しぶりにAMでも聞いてみようか」と思った訳であります。

最初は周波数を微妙に間違えてました。なんだか雑音の中どうやら聞こえて来たのが、
「めぐがどうたらこうたら」という単語。めぐって、林原さんみたいだな、とぼんやり思いながら運転しておりました。
しばらく経って、もしかして本当に林原さんじゃないのか?と思いまして、ちょっと音量を上げてみました。周波数合ってないせいもあり、かなりの重低音が混ざる中、なんとか聞き取れるように。

完全にビンゴだと思ったのはスレイヤーズエボ-R、DVDのCMが入った時。
「遊星セガワールド」というタイトルコールがあったとき、実際には「遊星」は聞き取れませんなんだが、セガワールドって言葉で過剰反応。当方元某ワールドのスタッフでしたw。詳しく知ったのは毎度おなじみウィキペディアで。
「戦場のヴァルキュリア」の紹介をやっておりまして、一応アニメを見ている私としましては、かなり興味深く聞き入った次第であります。ゲーム?そりゃ無理。PS3持ってませんから~。

そして!家まであと15分……てところで、とある曲がかかりました。それは「是非!フル尺で聴きたい!」と願っていた「JUST BIGUN」。そう。EVO-R最終回でかかったED曲です!
車止めて聞けばよかったな……と今では思いますが、かかった当初は興奮しつつも聞き逃すまいと必死で、そこまで気が回りませんでした。車の速度もがた落ち。深夜で自分の周りを走る車もまったくいなかったので良かったものの、もう少し考えて生きろオレ。

歌い出しの歌詞で感動。これホントにすごい曲だ!月並みなボキャブラリーしかない自分の語彙に絶望しながらも、とにもかくにも聞き入ります。ガウリナにも脳内変換できるし、なによりポコタの心情に完全シンクロしている。ああ、最終話を思い出す……。

そしていよいよサビに入るぞ……!て瞬間。

どこかの局が乱入してきて、なんだか無駄に熱いアニメソングみたいのが割り込みで流れてきました。
あんだよちくしょうっ!


すぐに周波数調節。なんとか割り込みしやがる変な曲を撃退したものの、肝心の「JUST BIGUN」は1番でフェードアウト。……やっぱし車止めりゃあ良かったよ…………。

なんだろうか。奇跡おこるんだったら、最後までイイ目見せてくれりゃいいのに。最後の最後でヘタこくあたり、無駄に駄目人間の本領発揮です。

たまに自分の好きなものに関して、神がかったようなツキを見せることがあるのですが、今回はまさしくそれでした。

来週も聞けるといいなぁ。

===================================

当店に入荷するかどうか、かなり危ぶんでおりました、角川GP刊、角川つばさ文庫

「スレイヤーズ2 リナと怪しい魔道士たち」

3冊入荷ありまして、そのうち1冊を無事購入。相変わらず、わたし以外誰一人として買う猛者はおりません。ついでに言うと、レンタルコーナーにあるスレイヤーズのDVD、無印からREVOまで、(EVO-R1巻あたりもそろそろレンタルOKだっけ?)いつでもレンタルOK状態です。しかし、誰一人、借りる者がおりません。
……なしてそんなに人気ないかなあ。

あ。それでもついこないだ、つばさ文庫の1巻1冊販売しました。これでトータル2冊販売したわけですよ。つばさ文庫も売れて欲しいんだけど、そちらを読んだ後は、出来れば富士見ファンタジア文庫Ver.を読んで頂きたいな。

軽い感想は追記にUP。ネタバレ(か?)多少有り。
ご勘弁な方はここで読了することをお勧め致します。

ではまた。



【More・・・】

スレイヤーズ1 リナとキメラの魔法戦士
スレイヤーズ2 リナと怪しい魔道士たち

角川GP 角川つばさ文庫 神坂一原作・南房秀久著・日向悠二絵

両方とも、原作とは大筋は一緒ではあるものの、そこは児童書らしくソフトな表現になっていたり、性格変わっていたりします。
とにかく人死にがありません。(当たり前だ)
魔族・もしくは魔族(てか魔王)になっちゃった人が倒されるところはありますが。

本気のネタバレ雑記はいつかやるとして、2を取り急ぎ読んだ結果、

…………これで静かに終了するのか?

1巻には「これからもよろしくね」と書いてあったので、続刊出るんだと分かったのですが、2巻には、そんな文面ひとつもありません。
アニメも終わったし、つばさ文庫スレイヤーズも2巻でおしまいでしょうか。
あーっ!でも帯にも見返しにも全×巻って表記ないんだよなっ!それあれば一発でわかるのに。

そして1・2巻にもの申す。

てかガウリナ身長差ありすぎ!

なんですかあの身長差。リナの頭、ガウリイの腰にあるんです。これって娘と父親な身長差ですけども。せめてガウリイの胸のあたりとかさ、もうすこし背を高くしてくれてもよかったんじゃね?
2表紙なんてね、絶対書きたくないんですけど、あえて書きます

ガウリイ=父
シルフィール=母(怒)
リナ=娘

で、仲良し家族の図。それ以外どう見ろというのだこんちくしょう。


しかもだ、それにナーガが入ってごらんなさいよ。これって、初見の人が見たら、
ハーレムものに見えるんじゃねっ!?

……おちけつオレ。(落ち着いてない)だいたいつばさ文庫を読むくらいの小学生にだな、ハーレムものの意味など分かるわけもなかろう。

そ、そそそ、それにだね、つばさ文庫自体、『「読書」を体験してもらいたい』ていうコンセプトですからね、つばさ文庫で読書に慣れて、それから本格的に角川文庫や富士見ファンタジア文庫、電撃文庫に文芸書etcの読書デビューできるようにという……配慮?ま、とにかくそういったレーベルだからね、ここでそれぞれの作品に興味を持ってもらい、続き(もしくはもっと詳しく)は文庫で本格的に読書デビューしましょうねってことですよ。(自分を納得させる言い訳探しに必死)

……と……とりあえず、言いたいことは言った。
では、もし続きがあるとするならば、そのうちやるかもしれない内容ネタバレしまくりだら書きで記載いたします。
でもねぇ、TVの視聴とちがって、本のだら書きって、あまりやると読書の楽しみってやつに水を差すような気がして……ねぇ。(その辺書店人うあ間違えた書店員なんだから上手くやんなさいよオレ)

ではまた。

追記までお読み頂き、誠にありがとうございました!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スレイヤーズ - ジャンル : アニメ・コミック

09:53  |  スレイヤーズ話  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

●Re: 追記部分はまだ読めてないですが(汗)

だーくまろ様

こちらこそありがとうございますっ!このような僻地にまでおいで頂いて……。しかも他の駄文までお褒め頂けるとは、わわわわ(語尾がおかしい)
コメントを確認した瞬間、本州に向かって三礼したのはここだけの話でひとつ(やりすぎすみませんすみません!)
ああ、大雪降ってくれて良かった、出光爆発あって良かった。(違う、激しく違うぞそこは)

「JUST BIGUN」、本当に感動しました。
だーくまろさんの仰るとおり、いきなり聴けてしまうと本当に危ないです。
嬉しすぎて浮かれてしまいます。しかも聴き入ってしまいます。カーラジオから流れてきたら、今度こそ車を停めて聴こうと思います。
しかし、また同じような事態が起こったら、前回と同じ事をしてしまうような気がしております。

前回の「途中で割り込んだやたら熱いアニソン調の歌」には参りました。
「うわ!何だよおい!こんちくしょ」などと車の中で一人悪態をつきながらチューニングに精を出し、心の中では引き続き地団駄踏んでおりました。
やっと合ったと思ったら曲もすぐ終わってしまって、しばらく脱力してしまいました。
それでも車を運転中だったってところが危なすぎです。

ここからは非公開コメントのお返事なので文字色薄くいたします。
「JUST BIGUN」データ本当にありがとうございます!先ほどようやくダウンロードして、速攻聴きました。これがだーくまろさんが仰っていたラジオでの初オンエアの模様だったんですね。私も感動でした。二度聴き入ってしまい、三度目は歌詞を聞き漏らさないようにPCにかじりついて聴きました。……何度聴いても素敵です。リナの曲であり、ポコタの曲だなと再実感。
よし!次は歌詞を書き起こそう!なんて大暴走。
この曲を聴くにはDVD全巻購入特典で手に入れるしかないのかなと思っておりましたのに、まさか何度も聴けるようになれるとは。途中でフェイドアウトも雑音も全く気になりませんでした。
最初の林原さんの語りも最高でした。あ、ほっしーも。(←相づち打ってただけという説もあり。付け足したような書きっぷりがなにげにひどいな自分)
本当にありがとうございましたっ!


スレイヤーズだら書きも、のんびりたらたら続けようと思っておりますので、またお暇な時にちらりと覗いて頂ければ幸いです。
重ね重ね、ありがとうございました……!

相模水門 | 2009.05.08(金) 04:16 | URL | コメント編集

●追記部分はまだ読めてないですが(汗)

こちらではお久しぶりです。
つばさ文庫はまだ読んでいないので、「JUST BIGUN」について失礼します。

全く予期しない形で「JUST BIGUN」が聴けてしまうと、感動もなおさら大きかったのでは、と思います。
また、そんな状況だと、とても冷静になんてなれないので、車を止めるということに頭が回らないのもよくわかります(笑)
「アニメソングみたいのが割り込み」してきたのは残念でしたね……。自分もそうなったらかなり怒ると思います(汗)
それはともかく、自分も、この曲の歌い出しの歌詞でもう感動してしまいましたが、歌詞の一言一言が胸に響いてどうしようもなくなってしまいます。本当にこの曲はすごすぎますね…。

今後も、スレイヤーズの感想などを楽しみにしていますが、その他の記事もかなり楽しませてもらっていますので、そちらも併せて期待しております♪
(とくに地域色溢れるネタが印象に残っています。大雪の話や、火災の話など…(笑))
だーくまろ | 2009.05.07(木) 01:03 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://dameningensagami.blog95.fc2.com/tb.php/192-8a7132c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。