07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/01(Mon)

ヤン提督

今回は銀英伝一色です。ご存じない方は回れ右を推奨いたします。

なんとか間に合ったかも。
只今6月1日午前2時55分。
ヤン提督が永眠された日時です。

私が銀河英雄伝説と出会ったのは遙か昔、まだ高校生でした。
あの頃はとにかく1巻の序章を読むのに苦しみましたが、そこを乗り切ってからはあっという間でした。
2巻でのキルヒアイスの早すぎる死に涙し、5巻でのヤン提督のプロポーズに転げ回って喜び、6巻でのヤン夫妻安寧の日々の早すぎる終了にもんどりうち、そして8巻第2章で打ちのめされました。
9巻での辺境のユリアンに落涙。そして10巻での「伝説が終わり、歴史が始まる」で『ああ……終わってしまった……』と寂寥感。

若い頃はとにかくヤン提督の命を奪った地球教を憎み、無神論者を気取り、ひいては宗教自体を全批判しておりました。
若いとはいえ、かなり狭量だったと、今では思うことができますが。

結局は自分次第。宗教を信じるも信じないも、小さなおまじないを信じるも信じないも。

とにかく、二次元とはいえ、ヤン提督が存在してくれたことに感謝します。
彼のお陰で、必ず選挙の投票に行くようになったし、物事を考えてから行動するようになれたし、瞬間湯沸かし器な性格は相変わらずですが、一拍おいてから怒るようになれたし(一拍だけか)。
本当なら、提督のように思慮深い人物になりたいと思うところ大ですが、なかなかそうはなれません。それでも、少しでもそのようになれるよう、上を目指して生きて行きたいと思っております。
……随分でかいことを言っているような気もしますけれどもね、気概だけは大きく持っておこうかと。

こんな短い文を打つのに、2時間近くもかかっております。どうも提督の話になると、考えすぎるあまり、かなりの遅筆になってしまうようです。

これから1000年以上後、生まれることとなるヤン提督に。
ありがとうございます。フレデリカさんの二番煎じで恐縮ですが、私の人生も豊かになりました。考えることの大切さを教えてくれた提督と、生みの親である田中先生に感謝を。


埒もないことを述べてしまいました。でもどうしても6月1日に言いたかったのです。自己満足ですねぇ。
ではまた。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

05:11  |  銀河英雄伝説  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://dameningensagami.blog95.fc2.com/tb.php/209-33ef7634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。