04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.09/10(Thu)

水族館見学大会開催 前編

 気付けばものすごい長文になってしまいました。てなわけで前後編に分けることにします。とりあえず前編投下。

===================================

 8/30(日)世の中は選挙で大わらわな日に、我々有志4名は「登別マリンパークニクス」に行ってまいりました。もちろん、期日前投票を済ませて。

 朝11:00に最強ペーパードライバーのTくんが家を出発。順次メンバーを拾った後、コンビニに寄って朝ご飯的に軽い食事を購入して出発です。私は最強ナビとして助手席に。後部座席には後輩Hちゃんと後輩Oくんが憩っております。Tくんはかなり運転に緊張しているらしく、飲み物を飲むのも信号が赤の時、煙草など吸えるわけもなく。……自分はいつも無意識に出来ることなので、驚きました。そーかそーか、出来んものなのだなあ。自分も最初は運転しながら煙草とか飲食なんてとても無理だったっけ。途中でTくんの為の食事休憩を挟みながら、1時間程で目的地に到着。ちなみに駐車場代金は\500、入場料は大人\2,400です。もし行かれる方いらっしゃいましたらご参考までに。……正直高いと思いました。さて、ニクスさんは「元を取れた♪」と思わせるほど楽しませてくれることが出来るのか。

 入ってまずは中央のメイン建物、正式名称「ニクス城」へ。なんかすごいお城。実は開館してすぐ来たことがあったのですが、その時真っ正面の水槽(クリスタルタワー)で最初に迎えてくれていたナポレオンフィッシュが、今回はおりませんでした。……あれからだいぶ経ったからなあ。で、次は二連続エスカレーター。一気に最上部である4Fに行き、そこから順次下りてくる造りになっております。眼下には大きい水槽がふたつ。片方が寒流水槽、もう片方が暖流水槽です。暖流水槽には大きな魚がおりますよ。なんだろうあれは。とにかくでっかいなあ。ちなみに最下部でこの水槽の下をくぐることになります。(ネタバレしてるけどいいのか?)

 お次は「魚に直に触ってみましょう」というタッチプール。まずは軽いジャブ、ウニとヒトデとナマコが☆型の水槽に入っております。昔は無かったなこれ。早速触ってみました。ウニはやっぱり痛いなあ。ヒトデも堅くてデコデコしてました。ナマコは勇気が無くてパスしましたけど、触ったTくんの話だと「堅い」そうです。海水でだばだばになった腕を拭こうと鞄からティッシュ登場。しかしすぐそこに手洗いスペースとジェットタオルがありました。さすが。用意周到です。

 さらに年中行事にちなんだエビや魚の展示を見ている時に、後輩ちゃんが「なんかぱちゃぱちゃ音しますよ」と申します。何事かと思いつつ波の出る水槽(擬似海岸)に到着。ここは以前来たとき、「ウニとヒトデとナマコに触れてみよう」水槽になっていた所です。何とそこにいらっしゃったのは、まさかのエイとサメ。しかもエイの動きがかなりアグレッシブで、水槽の縁をぱしゃぱしゃと、体の半分以上を水面から出しながら泳いでいるわけです。サメは水槽の下であまり動かず、しかし気付けばすぐ傍に忍び寄っていたりしてました。サメ肌を体感して下さいって趣向なのですけどね、周りのエイがアグレッシブすぎて届きません。ちなみにエイのしっぽ部分に付いている毒針は取ってあるそうなので無問題。
 恐る恐る右手人差し指を伸ばし、すぐ傍の縁で、私に向かって垂直にぱしゃぱしゃやっとる、愛嬌てんこ盛りな黒いエイ君に触ってみました。瞬間。

「ぬうおっっっっ!」

 ありえない叫び声ですよ。も少し何とかならんのか一応メスだろうがオレ。(メスって……)
 しかしですね、叫んでしまいますよあの手触り。「ぬる」ってするのです。触った指を水槽の石組で拭ってましたもの、しかもかなりの間。でもこのエイ君たち、とにかく見ていて飽きません。縁を3匹揃ってぱしゃぱしゃやりながら向こうに泳いで行った、と思ったら向こうから帰って来たエイ君とクロスしてみたり、さっきのエイ君みたいに垂直にぱしゃぱしゃやってる子がいたり。ムービーとっときゃ良かったなあ。
 その後、さっきと同じように、すぐ傍にある手洗いスペースでがっしがっし手を洗いました。確かにエイは可愛いかったんだけど、あの「ぬる」がね、とにかく衝撃だったの。(なんでここだけ変に馴れ馴れしいのよオレ)

 さらに隣にはカブトガニのタッチプールが。ここでは一匹だけ裏返しになっているカブトガニがおりました。なんかね、「ナウシカ」に出てくる王蟲の足みたいなのがかくかくうごうごしてました。裏面なんて滅多に拝めるものじゃありませんからね。やるなにくす。

 おや? 以前無かったスペースが。「両生類・は虫類コーナー」……少しばかり嫌な予感を覚えつつ、順に見ていきます。カエル→トカゲ→ヘビと並んでおりますが、すごいビビットなカエルがおってかなり衝撃。出た瞬間、「総括すると、私はこういうの苦手なんだな」とかなりKYな発言をしてしまい、同行3名に変に気を遣わせてしまいました。反省。

 どんどん進み、3Fまで下がったところで別館でアシカショーが始まるってんでダッシュで移動。各階にエレベーターがあるので、ここをセーブポイントとします。

 途中、アザラシプール(ドーナツ型。リングプールと言うらしい)で泳ぐアザラシを見つつ、アシカショープールへ。残念ながら座席は埋まってましたので、一番後ろで立ち見です。ショーは定刻通りに開始。輪投げしたり、ボールを鼻先に乗せたまま泳いだり、すんごく早く泳いだり、早く泳ぐと見せかけてショートカットして、しかも反省したりと、他にもたくさんの演技を見せてくれました。いやもう、芸達者になったなあ。昔見た時は、本当に「あっ」という間に終わるほどレパートリー少なかったのに。30分くらい演技しっぱなし。さすがです。

 終わって外に出ると、先ほど通ったアザラシプールは餌の時間でありました。もちろん見学。可愛いですなあこちらも。ここで何度もリングプールを回るアザラシを「女優」と呼んでいたら、後輩ちゃんから「女優ってのもなんだから、『キャメロン・ディアス』ってのはどうですか?」との提案がありましたので即採用。これから白っぽいアザラシさんは『キャメロン・ディアス』だ。
 10分ほどで終わって、真ん中の広場で休憩。次はペンギンパレードがあるってんで、後輩ちゃんとOくんはパレード横で自分の位置をキープ。私とTくんの喫煙組はベンチで一服後、そちらに合流しました。しばらーく待った後、てちてちと歩いてくるペンギン達。大きいペンギン2匹&小さいペンギン4匹という、パレードと言うにはこぢんまりしたものでしたけど、目の前を歩かれるともう、その可愛さに射貫かれます。私も、何枚も写メ撮りましたもの。……残念ながら、ほとんど失敗しましたけれど。大きい&小さいからペンギンの親子かと思っていたらそうではなくて、大きいのがキングペンギン、小さいのがケープペンギンというそうです。
 突き当たりの広場で紹介&餌やりしてましたけれど、私たちはそれをスルーして、奥のペンギン館を見てました。すぐ傍の木の上で、カラス3羽のケンカ勃発。もちろん彼らはここの展示動物ではありません(分かるって)。しかしカラス3羽って、まるで「ワイルドアームズアルターコードF」みたい。タウンロゼッタにいる3羽のカラスにグレネード当てて墓地に集めてね、出て来た封印柱のまえで下手なギター(失礼なこというんじゃねえっ!Byザック)奏でると、隠しボス「メルコム・リッチ」と戦えるのよねっ……って、今この話、全然関係ないじゃんっ! 止まれオレっ!!! すいません。一部意味不明な記述がありましたこと、深くお詫び致します。

 しばし待っていたところ、ペンギンが再びパレード開始する時刻になりました。てペンギン館に帰るだけなんですけどね。今度は通路の一番最後の地点に陣取って待ちかまえます。ここで映した写メは、結構いい出来でした。なので落としてみるわたくし。

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

20090909190828
キングペンギン横から。
◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

 次はイルカショープールへ。次々とショーやらアトラクションやらを見られる無駄のないタイムスケジュールで、こちらは大助かりです。15分ほど早めに入りましたけど、座席はすでに8割がた埋まっておりました。前後に4席空いている場所を見つけて座ります。座席の最前列は全て空いており、しかも所々が濡れています。こりゃ、ここまで水がかかるんだな。後から来たお客さんも、みんな避けて座ってました。
 しばらく待っていると、ちょっと余興的な感じで「普段のトレーニング風景」ってのを見せて貰いました。10分ほどで終わりましたけれど、得した感満載。
 定刻にショーが始まりました。いやもう。アシカショーと同じく、こちらもすごい芸達者。昔見た時はアシカショーと以下同文。鳴いてくれる、ボール打ち返す、ダッシュ泳ぎする、ジャンプする。他にも色々演技してくれたってのに、詳しく書けなくてすいません。とにかくジャンプした時、えらい勢いで水槽から水が溢れて、その豪快さにまた感動。最前列に座っていたらずぶ濡れ間違い無しです。
 最後に大ジャンプを見せてくれました。もちろん写メを撮りましたけどね、早すぎて(てか携帯のシャッターってなんでタイムラグあんなにあるの)写っていたのはプールの天井近くにあるボールだけ。……悲しく思いながら消去しました。

 さて、大満足のイルカショーの次は、アシカプールの下にある銀河水槽に直行です。「銀河水槽って何」って思われるでしょう。私も最初は同じく思いました。北海道でもTVで宣伝しまくってましたけど、ちゃんとCM見てなかったからなあ。
 入った瞬間「うわあ!」4名全員感嘆の声。そこにはすごい数のイワシの群れ、その数なんと1万匹。水槽の中にはイワシの天敵であるはずのエイと小型のサメの姿もあります。「5分後に餌の時間です」と係員のお姉さんが言ってくれたので、後ろに回って待つことにしました。その間、ずっと水槽を写メしてましたけど、これまた上手く写りません。ここではかなり時間がありましたので、何枚も撮っては消し、撮っては消しを繰り返しました。数枚残しましたので、性懲りもなく投下。

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

20090909190857縦横逆転ですいません。中央下部にサメがいます。



20090909190838こちらはエイとのショット。縦横逆転すいません。


20090909190847かなりわかりにくいですけれど、中央上部にエイがいます。


◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

 餌時間になりました。最初は説明から入ります。しかしイワシって、飼育大変そうだなあ。弱ったイワシが、たまに水槽内のエイやサメに食べられてしまうこともあるらしいですよ。一応エイとサメには餌を充分に与えることで対処しているそうですが、あえて天敵を入れることで、海の中そのままの展示を目指しているそうです。
 餌を入れた瞬間、水槽内に劇的な変化が。まるでNHKの生き物観察番組見てるかと思うほど、ざざーっざざーっと動きます。思わず携帯でムービー撮りましたよ。まるで一匹の巨大な魚みたいだ。直に見ると感動も倍。

===================================

 てなところで一度締めて、後編に続きます。
 ではまた。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

14:14  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://dameningensagami.blog95.fc2.com/tb.php/251-ebce6c1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。