06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/16(Mon)

冬の夕暮れ

 冬。宵闇に包まれる頃合い。この時間になると必ず思い出される風景があります。

 ……ダイニングの電気は付いているが、居間の電気は消えている。そこに付きっぱなしのTV。TVと共に明滅する部屋。TVの画面は必ず『どさんこワイド』そして流れてくるメロディ。始まった、とTVを見始める小さな私。画面には星澤幸子先生、コーナーは『奥様ここでもう一品』
 暖かな曲。外は寒いし雪景色。ストーブのほのかな暖かさと部屋の暗さ、電気を付けなきゃカーテン閉めなきゃ、でもこれ見終わってから……。
 終わってから、電気を付けてカーテンを閉める。漂う夕げの匂い。

 冬の夕暮れになるといつも、あのオルゴール風の曲が聞こえてくるような気がします。

 しかし、あれだけ毎日見ていたのに、料理の内容ぜんっぜん覚えてません。そして未だに料理は下手です苦手です。つい先日、配達帰りが17時になり、すっかり夜になった街を車で走っている間、ずーっと幸子先生が頭の中で暴れてました。年一回くらいある特番(NG大賞系の)で、全国にもおなじみのあの幸子先生と言えば、皆様にもおわかりでしょうか。なにせこの先生、ドジが多い。出来上がり間近に「あ! これ入れ忘れた!」なんてのも多かったし(そしてこの場面が特番でよく使われます)、片栗粉やら小麦粉やらを少量入れた袋の中に肉などを入れ、じゃかじゃかシェイクする姿が思い出されます。

 なんだか短めでお送りしました。
 ではまた。

 ぽちっと拍手のみの方々、誠にありがとうございます。最近ちょくちょく拍手を頂けて恐縮しております。ありがとうございました!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

00:05  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

●Re: 私の場合

 おお……。べっこう飴のおじさん、いいなあ……。北海道は寒いせいなのか、それとも住んでいるところがそういう土地柄なのか、そういったおじさんはいらっしゃいませんでした。車で焼き芋販売している業者さんがいるくらいでしょうかね。リヤカー、なんて素敵な。
 リヤカーと言えば、昔々の夏、リヤカーに風鈴めっさ飾って売り歩いているおじさんを見かけたことはありますが、2年ほど後には見なくなってしまいました。
 くじ付の駄菓子屋は数軒ありました(ちなみに今も健在)。そこによく友人と行ってスーパーボールのでかいの当てようとしたり(大抵ちっさいのしか当たらない)、チョコウェハースのでかいの当てようとしたり(大抵ちっさいのしか以下省略)してました。

 なんか、昔の話って良いですね。べっこう飴が冬の夕焼け色、なんて詩的で素敵なんでしょう。
 でもべっこう飴のおじさん、お亡くなりになってしまったとのこと。……寂しいです。ご冥福を。

 すいません、最後しんみりしてしまいました。そのうちまた昔話をしようと思います。
 ありがとうございました!

相模水門 | 2009.11.17(火) 18:51 | URL | コメント編集

●私の場合

私の場合、冬の夕暮れで思い出すのは「べっこう飴のおじさん」でしょうか。

小さいころ(多分、小学校低学年時代)に夕方になるとよくリヤカーを押して「べっこう飴」を売り歩いていたおじさんの元に、なけなしのお小遣いを握りしめて友達と一緒に行ったという思い出があります。
100円でくじが引けて、そのくじに書かれた本数だけ貰えるという代物。大抵は一本のくじしかあたらなかったんですが、3本のくじが当たった時は友達と大喜びしたものです。
それに、ウサギや亀等といった動物だったり、じゃんけんのようにグー、チョキ、パー三種類揃っていたり、色んな形をしたものを売ってくれてそれもまた楽しかったのを覚えています。
昔から甘いものはあまり好きではなかったのですが、あのべっこう飴だけは別でした。
そんなに甘ったるくないのもあったのですが、あの黄金色がとても綺麗で、丁度、空気の澄んでいる冬の夕焼けと同じ色をしたべっこう飴が子供心に宝物のように思えていたのかもしれません。

そんな話を久しぶりに母とした時、「あのおじさん、数年前に亡くなったよ。もう時代に合わないのか、そんな事をしてくれる人も今はいないねぇ」と言われて、軽いショックを受けたものでした。
確かに人間ですから永遠には生きられませんし、時代によって廃れるものもあるのは分かっているつもりだったのですが、思い出となったものがもうないっていうのは少し寂しい気がします。

うぉっ、ガラにもなくセンチメンタルな文章を書いてしまった。
そんな訳で(どんな訳だよ!!)今日はこの辺で…
ヨネキチ | 2009.11.17(火) 16:26 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://dameningensagami.blog95.fc2.com/tb.php/271-b17a3f03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。