06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.12/14(Sun)

幻想水滸伝の話を腹一杯 その2

雪が降って真っ白です。
めっきり寒くなりました。
深夜の帰り道、滑る路面にひやひやしながら車を走らせています。
おかしいな。例年なら雪が積もるのはクリスマス後なのに。今年はホワイトなクリスマスのようです。だからって仕事は恐らく休みにならないし、色気のある話もありませんが。せめてケーキくらい喰いたいな。

同僚から「レイトン教授と悪魔の箱」(2作目)を借りて絶賛プレイ中です。
なんですかこの容赦ない問題は。ひっかかりまくってます。携帯の攻略サイトがなければぼろぼろです。うちの同居人なんか、問題に腹立てて絶対遊ばないと豪語しています。たまに「世界一受けたい授業」に先生として出演する多湖輝教授の問題に引っかかりまくってますからね。それでも某番組(「モヤっと」とか「スッキリ」とかあるアレです)より遙かにましだと思うのですが。て、今もやってんのかなアレ。番組名も出てこない。

ルーク少年が激可愛い。堀北かわいいな堀北。レイトン教授も最高です。大泉さんはいいですね。どうでしょうとかおにぎりあたためますかのぼやきの大家が英国紳士ですよ。しかも合ってるし。
今のところ序盤ですから、まだまだ時間かかりそうです。早くクリアしないと幻水DS出るよ。

===================================

では、そろそろ始めましょう。本日は何時間かかるかさっぱり分かりません。回線ダウンしたら洒落にならないので、バックアップしながら打ちます。

幻想水滸伝に興味の無い方は、ここで回れ右を推奨いたします。

前回、幻想水滸伝1・2を語ったので、今回は外伝行きます。今回も超長文。

===================================

幻想水滸外伝Vol.1 ハルモニアの剣士(PS)

幻想水滸伝2と同じ時間軸で進行していくテキストアドベンチャーゲームです。

主役はナッシュ・ラトキエというハルモニアの特殊任務工作員。真の紋章持ちではないので、紋章所有者の苦悩とかは無いのですが、なにせ“女難の相”がついてまわります。かなり二枚目なのに性格は三枚目と言ってもいい。それも工作員としての処世術なのかもしれません。ぼやきや弱音も吐きまくります。そこがまた良い。
生まれはハルモニアの名門貴族、ラトキエ家。お坊ちゃんとして大事に育てられましたが、とある事件がきっかけで(外伝Vol.2で明らかになります)没落貴族になってしまいます。
ゆったりとした服装ですが、その中にアンカーやら照明弾やら、沢山小道具を忍ばせており、どんなピンチでもなんとかしてしまいます。頭の回転もものすごく早い。そうでなければスパイなんて出来ないんでしょうがね。しかも、本気になるととんでもなく強い。自ら封印している双蛇剣“グローサー・フルス”をふるう所なんて、もうめたくたに恰好良い。
グローサー・フルスとは、普段は剣ですがスイッチで細かく分断され、(間はワイヤーで繋がれています)それがまるで蛇のように標的に襲いかかります。刃先にはゾディアック・タワーという猛毒も塗られてます。

シエラ。2でも仲間になる、外見は少女のようですが、齢800歳…以上。真の紋章である「月の紋章」を宿した吸血鬼です。2の時点ではネクロードに紋章を奪われており、奴を追っています。普段は昔の姫様口調で話しますが、好みの男性の前ではしおらしく、現代的口調で話します。ナッシュに「妖怪オババ」と呼ばれてます。その度に鋭いパンチや蹴りを入れる彼女が可愛い。

他にも2主人公・ナナミ・ジョウイ・エルザ(クライブが探し続ける敵、顔に一文字の大きな傷をもつ美しい女性)などなど、幻水2をやったなら嬉しさ倍増の顔ぶれが続々登場。
クライブに背後を取られたり、ナナミの手料理を食べる羽目になったナッシュが一口食べた途端ぶっ倒れたり、ハイランド軍(幻水2での、2主人公の敵であり祖国でもある)に潜り込んだ時に狂皇子ルカ・ブライトに剣を投げつけられたり、息詰る会話をする羽目になったり、モグラと見つめ合ったり、シードがクルガンにお姫様だっこされたり(シード・クルガンはハイランド王国の武将。念のため、どちらも男性です)と、見所が盛りだくさんですが、特に裏ルートが最高です。エレベーターバーバリアンの正体がムッキーな4人の漢(おとこ)で、しかもロープでエレベーターを上げ下げしてた!という驚愕的事実が密かに判明したり、モンスター使いのバド(パトレイバーに出るいたいけな子ども…ではなく、とてもむさい渋いおっさん)が熊と感動的再会を果たしたり。
最高峰はギャンブラーふたりの対決。幻水1での偉大なるカモ ガスパーと、幻水2の手練れ シロウのちんちろりん対決。背景は炎をバックに竜虎が睨み合う。結果はガスパーの負け。やっぱりあなたはカモだった。ホントにお世話になりました。みんなの武器を鍛えるために、たいっへん稼がせて頂きました。ホクホク。

幻水1とか2をプレイしている時には気にしなかったし、全く使うこともなかったお札。いや、もったいなかったり、使わないなら売った方がいいやって思いまして使わなかったんですけども。
お札を使うプロセスも丁寧に描かれていてちょっと嬉しく思いました。魔力をある程度持っている人じゃないと起動さえできないんですね。そういえば不得意な属性の魔法とか札とかを無理に使うと、暴発するんでしたっけ。そんな細かい設定も良かったですね。属性数値見て、誰に水の紋章付けるとか火の紋章付けるとか考えてましたもの。

妖艶な紋章師、ジーンさんもいらっしゃいました。しかしあの方、ぜっったい真の紋章宿してると思うのは私だけでは無いはず。回を重ねるごとに身体を覆う布地の面積がどんどん小さくなっていっておりますが、次のDSではどんなえらいことになっているのでしょか。いや、その前にジーンさんはお出になられるのかっ?!(何故敬語

今回はテキストアドベンチャーなので、お風呂イベントやミニゲームは一切ありません。残念ですが、それはそれ、これはこれ。本を読んでると思えば無問題。

===================================

幻想水滸外伝Vol.2 クリスタルバレーの決闘(PS)

時系列は幻水2のENDから3ヶ月後です。その後の108星があちらこちらで元気にやっているのが分かって、とても嬉しかったなぁ。

舞台は幻水3でメイン舞台になるグラスランドにカレリア砦。
それにハルモニアの片隅にあるナッシュの故郷、クリスタルバレーです。

外伝1終わってすぐにプレイしましたよ。
旅芸人のアイリ(2主人公にほのかな恋心)やリィナ・ボルガンも元気そうだったし、カミューとマイクロトフ(幻水伝統の“赤い人”と“青い人”幻水2版・ちなみに幻水1ではアレンとグレンシール←緑だけど)そして幻水1で小生意気に登場し、騎竜を失って竜騎士の資格を剥奪されていたフッチ。幻水2ではぐれ竜ブライトに出会って育てる決心をし、本作ではブライトが本物の竜なのかを確認するためにクリスタルバレーの“一つの神殿”を目指して旅しています。
いやもうフッチ可愛いわフッチ。幻水3ではそらもう凛々しくなります。

他にも女たらしのシーナ(トラン共和国大統領レパントの息子)も相変わらずだし、ビッキー(瞬きの紋章を宿している超天然少女・しかし彼女がいなければ幻水じゃない。彼女のテレポートには本当に世話になっております)からくり少女メグ・山ねずみボナパルト(←どう見てもモンスター)を可愛がっている(←その割には目を突っついてる)不思議系のミリーも無駄に元気そう。

何よりも。2主人公・ナナミ・ジョウイの三人が仲良く旅をしているところが見られて至極嬉しい。
さらに1主人公とカスミが語らってるところを、遠巻きとはいえ見られたし、在りし日の1主人公とテッドの幸福な日々が回想で見られたのもありがたい。

そして、ラストエピソードにちらりとしか出なかった神官将ササライ。ルックとかなりの因縁がありますが、それも幻水3で明らかになります。張りまくった伏線を全て回収するところが幻水のすごいところだと思います。しかもそれぞれが意外な形で繋がってたりして。
いやもう。ルックと同じくらい好きですササライ。育ちの良さが出ているかのような穏やかな性格といい、思慮深いところといい。かなり偉い身分なのに、それを思わせないような気さくな物言いも相模の好み。直球ど真ん中です。
この方も幻水3のときにえらい勢いで語ります。言い切った。

そしてナッシュの仇役。ザジ・キュイロス。切れ長の目の冷徹タイプな眼鏡男子。
かつてナッシュの妹、ユーリ・ラトキエと婚約しており、あと数日で結婚式という所だったのですが、ザジのもう一つの顔(“ほえ猛る声の組合”の従者級ガンナー「黒い月のザジ」という異名あり)を知ったナッシュにより、グローサー・フルスで斬られてしまいます。ナッシュはこの時に息の根を止めたと思っ
ていましたが、実は一命をとりとめていました。

最初に彼がラトキエ家に潜り込んだ目的は、ハルモニア神聖国に対する復讐。
その思いはかなり根深く、彼の故郷、サナディアがハルモニア神聖国に占領され、サナディア人に黒髪の割合が高かったこと(ハルモニアでは、金髪が高貴な人である証しとなっており、貴族はたいてい金髪です)と占領した国の民であるので、奴隷同然の扱いを受け続けます。

ハルモニアという国は、どこの国を占領してもその国の民を奴隷としてこき使うのです。ハルモニアに利益があった場合は、三等市民(奴隷)から二等市民(一般市民)に格上げされることもあります。または“格上げ”を餌に危険な任務を押しつけられたりすることも多々あります、ちなみに一等市民は貴族です。

ザジは自分の髪を金に染めて、ラトキエ家へ家庭教師として潜り込みます。最終目標はラトキエ家の、お家乗っ取り。(そこからハルモニア神聖国の中枢に食い込もうとしたのでしょうが、だいたいハルモニアって議会制とっているかどうかも疑問。おそらく神官長ヒクサクの君主制なのではないかと思うのですが)
しかし、ラトキエ家も没落してしまったので、二度目の対決はナッシュ個人に対する、純粋な復讐です。

最後の最後。絶対的なピンチのナッシュに、銃を突き付け余裕のザジ。
「これで、終わりですね。」と最後の通告をする彼に、不敵に笑いながらのナッシュの一言。

「……そのセリフはやめときな。大抵は、“これで終わり”じゃない。」

うごがごががぎごがご!大好きですよこのセリフ!何かの折りについ使ってしまいます。
…だいたいネガティブな意味で。
EX=わーい仕事終わったーー♪→そのセリフはやめときな。大抵は、“これで終わり”じゃない。
どんだけネガティブ使用ですか。しかも本当だから始末に負えない。

また脱線。

そして、グローサー・フルスをワイヤーで素早く引き寄せて、返す刀でザジを貫くナッシュ。
こうして死闘は終わります。ザジの死によって。

妹ユーリに会わず、ふたたび消えるナッシュ。
帰る場所も無くなってしまった彼。その顔は寂しげでしたが、同時に晴れやかでもありました。妹を護りきれた、そのことに安堵したのでしょう。

===================================

…古いゲームなのになんでこんなに熱く語ってるんだろうオレ。
外伝でこんなに語るなんて、自分でも思ってなかった。

攻略本は「幻想水滸外伝Vol.1 ハルモニアの剣士 ビジュアル&シナリオガイド」コナミ刊を持っていますが、どうやら絶版のようです。「幻想水滸外伝Vol.1 ハルモニアの剣士 ワールドエクスパンションブック」コナミ刊というのも出ているらしいのですが、こちらも版元品切れでした。中古で探すしかないようです。
「幻想水滸外伝Vol.2 クリスタルバレーの決闘 オフィシャル完全ガイドブック」コナミ刊(双葉社復刻版)も品切れでした。
どちらもAmazonで中古で入手可能のようです。¥1からでした。…そうか¥1か。人気ないのだろうな。

うわあ。語りすぎた。まさかこんなになるなんて。
今回は集中して打ったので、8時間位で済みました。(←うおーーーい!
暇人なのか趣味には時間を惜しまないのか。恐らく後者でしょう。

…ちなみに幻想水滸伝シリーズの数字についてですが、本来の表記はローマ数字なのです。しかし、携帯で見たときに文字化けすることがあるので、あえて英数字表記にしております。ご了承下さいませ。

ではまた。
次は幻想水滸伝3だ!さあ、何時間かかるんだっ!自分でも分からんっ!(いい加減止まれオレ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 幻想水滸伝 - ジャンル : ゲーム

00:51  |  幻想水滸伝  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://dameningensagami.blog95.fc2.com/tb.php/89-1816ec25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。