06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.07/07(Sat)

9ヶ月ぶりの拍手御礼 という名を借りた近況報告

 大変ご無沙汰しておりました。平伏。
 あまりに久しぶりすぎて、このブログに入れなくて焦りましたw。

 今回は表題の如く、「拍手御礼」です。
 本当にありがたく、久しぶりに更新(+SS書く)意欲が上がりました。というか拍手の御礼だけは何がなんでもお伝えしなくては!
 というか、ARIAのSSに拍手を頂いているので、本来ならARIAのSSを書くのが一番喜ばれるのでしょうが……すみません。萌えてるジャンルじゃないと書けない……orz

 拍手コメ頂いたお返事は、Read More に格納しております。本当に遅くなって申し訳ありません。

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

 まあ、久しぶりの更新といえばあれですね。
 今度は何にハマッたよ、ですよね。(いや相模のハマリになぞ興味ないし)

 スレイヤーズはツイッターのお陰で相変わらず熱を保ち続けております。つかツイッターが無ければきっと、距離を置いていたかもしれない……。ツイッターには本当に感謝です。毎日楽しいし。さらに公式が忘れた頃に燃料投下してくれるんですよね。電子書籍でスレイヤーズ祭りでしょ、さらにキャラグミンでちびリナさん&、
 待ってましたのガウリイさん発売!!!!! 
 この発表があったときのスレイヤーズクラスタさんのガタタ! が本当に凄くて。そんな私もガタタ! した一人ですw。買えるかどうかはまた別ですが、出来れば愛でたいですよね。しかもすでに発売されたリナさんとの仕掛け(たぶんリナさんの頭をぽんって出来るオプション腕が付くに違いないそうだろうそうですよねボークスさん!!!!!!!)も気になりますし。


 お次はTOA。こちらも熱が冷めたように見えておりますが、実は子安 間違えた ジェイドが忘れさせてくれません。微熱が続いてる感じでしょうかね。(なんだそれw) 定期的にニコ動見ては、燃料を再投下しております。だってー、ジェイドだものー。離してくれるわけがないーw。
 ええとぶっちゃけちゃいますとね、ジェイガイにはまりまして。十数年ぶりですね。腐になったのは。より正確に言うとジェイド×にょたガイ(女体化ガイ)ですから、腐じゃあないとは思(黙れ)


 さらにヤマト。こちらはほら、ヤマト2199がありますから。(@^▽^@)ニコッ
 もうね、さすがです。面白すぎて大変です。女性キャラが大幅に増えたこと(アホ毛だけはちょっと引きましたけどもw)も、ユキさんの仕事が一本化されたことも、大歓迎です。旧作ユキさんは仕事しすぎでしたからねえ。どうひいき目に見たって、あの仕事量を一人でやることなど不可能です。
 古代くんも大人になったし、格好良いし、疑問を持って噛みつく事もするけれど、理由を聞いて引いて謝ることもできるのが、とても大人で。
 そしてそれよりなによりも。島くんですよ!
 なんですかあの可愛さは! もう死ぬかと思いましたよ。どちらかというと寡黙で真面目で口数少ない古代くんを絶妙にフォローするあたり、鼻血ですよ。だとゆうのに若干二十歳(これは古代くんも同じなんですけどねw)でヤマト航海長とか、あのでかい戦艦を動かすとか、どんだけエリートですか。しかもそれをおくびにも出さないし、鼻にも掛けないし。
 つか「抜錨!」が格好良すぎたのです。それに尽きます。


 ひそかに遊戯王も続いています。
 こちらは書くのも描くのもやっとりません。つか巷に素敵なHP様がたくさんあって、自家発電することなく充電できるのですものバンザ──∩( ・ω・)∩──イ!!!! ニコ動とか見てるだけで半日余裕でつぶれますw。 W遊戯が大好きですが、このごろモクバbotがやさしいので、モクバにもメロメロです。あと社長と凡骨のエネコンビも最高www。
 再放送ってのもあってゴッズこと5D'Sも最初から見てます。遊星が落ち着いて自重した王様に見えて仕方がありません。つか遊星かっこいいよ遊星。あとアキは猛烈にツンデレの予感がして毎回ときめいています。あと双子かわいいよ双子///
 そうそう、GXも後半だけ見てました。だから壊れまくった万丈目サンダーと10JOINは見た事ないんですが、自重する吹雪さんは見られましたよ。格好良かったわー……。遊佐だし。あ。もちろん自重しない吹雪さんも見られましたよ。波乗りとかw。
 あとはMADでカイザーの「グォレンダァ!」を何度も見てて、かなり洗脳されてます。つかあれって、「五連打」って言ってたって知った時の、私の衝撃たるや……www。


 最近はSKET DANCEなんてのも素敵ですね。
 特にこないだのアニメ、修学旅行狂詩曲 前後編。
 公式がボスヒメ派を全力でぶっ潰しに来たと信じて疑っておりませんよわたしゃ。なんですかあのヒメコのか・わ・い・さ!
 実は原作のサーヤが苦手(つかノマカプの間をかき回す三角関係キャラが基本的に嫌い。EX)キャプテン翼の久美ちゃんとか。あの子も最後には翼と早苗ちゃんをくっつけるようなGJをしてくれたけれど)なんですが、アニメのサーヤは声があのブラック★ロックシューターさんだし(大好きまとちゃんっ!)上手いし、しかも全部盛りだから私が絶対嫌いなキャラのはずなのにか・わ・い・い・し!!!! で、本当にもだもだするわけですよもだもだ! ロマンもボッスンに惚れてるはずなのに、さや当てに参加するそぶりが全然全く皆無だし。
 こんなごちゃごちゃ三角関係に、これからはさらにキリが加わるのでしょう? ああもう、きゅんきゅんするっ!
 ボスヒメ末永く幸せになってえええええええええ!!!!!
 つかさっさと結婚汁!!!!!



 そして、タイム・リープですが。
 実は自分のSS読み返して「まだまだだわー」と思い続けておりまして。なんだろう、自己満足の塊だったなあ。好きが暴走しすぎてる。というわけで、実は加筆修正しようとしております。本当ならもっと早い時期に、ぴくしぶさんに小説投下しようとしていたのですが、ま、そこは追い追い。時間も空きすぎたので、ちゃんとこちらにも投下しようと思っています。
 もちろん、相変わらず若松は大好きですよ。ツンデレ眼鏡www。


 ツンデレ眼鏡繋がりだと君と僕。の塚原要くんもいいですね。本当にいいですね。
 彼は本当に良いツンデレです。要っち最高。
 彼も惚れる人がことごとく他で幸せになっちゃって切ない人です。保育園の時の先生とか、隣の家の姉ちゃんとかね。
 さっさと幼馴染みの気持ちに気付いて欲しいもんです。ぐあああああ。


 そして、はいおまちかね。新たに萌えが仲間入りです。(イイカゲンニシロ!!!!)
 ふたつのスピカ
 大変です。ここにも最強の、最大の刺客がいました。
 その名も

 府中野 新之介。(ふちゅうや しんのすけ)

 凄まじいツンデレです。眼鏡です。しかも主人公と保育園時代からの幼馴染みです。ベタですが主人公のことが好きです。しかし進展しません。ええもう凄く凄い勢いで進展しません。それどころか主人公ちゃん別の人のこと気になっちゃいます。しかも二度も。
 死別も扱っていますので、兎にも角にも切なくて仕方がありません。数年経って再燃しました。凄い勢いで再燃しました。しかもツイッターの「萌えるシチュエーションbotさん( @moeru bot )さんが容赦なく燃料を投下してくれるものだから、妄想ばかりがすくすく育って仕方がありません。

 例を貼りましょう。
 1.moeru_bot 両片想い。お互い好き同士で、周りからみたらどう考えても両想いなのに当人達はまったく気がついてなくてすれ違ってしまうようなそんな… 2012.07.06 13:33

 2.moeru_bot 20センチの身長差 2012.07.06 12:34

 3.moeru_bot 普段からベタベタするのが嫌いで手をつなぐのも苦手なクールな彼。ある日人混みの多い所で、はぐれてしまい迷ってしまった。途方に暮れてたら、彼が見つけてくれて「もう!」と怒りながら私の手を強く握った。その時ボソッと…「帰るまで離すなよ」2012.07.02 11:34

 ね!!!!!!!! 
 ふちアスで変換してごらんなさい!!!!! 
 悶え死ぬでしょおおおおおおおお!!!!!

 (主に俺が落ち着け)

 (以下ネタバレに付き超薄字)
 一番切ないのは、13巻、MISSION66、そして67。親友のシュウが逝ってしまった後です。思い出すだけでも泣けます。
 葬儀に参列せずバイトを入れて、その途中で、一人泣く府中野くんが、切なくて、辛いです。
 そして彼は、後に、自分を探しに来てくれた友人マリカに、去り際に、こう言います。

「自慢じゃねーけどオレ 物心ついてから泣いた記憶がねーんだ
 じーさんが死んだ時も 泣きゃしなかったよ
 でも あいつは 親友だしな

 宇喜多 お前 長生きしろよ」

 彼がただ一度だけ泣いた事、そして、それを唯一見つけたのがマリカというところも、切なくて、胸がしめつけられます。

 そして言わずもがな、最終巻である16巻はふちアス至上主義の私にとっては祭りのような巻。

 特にMISSION88のチャリで全力疾走する府中野くんの横顔は最高です。
 続くライオンさんとアスミの別れ。それは同時に、『彼女が見ているものと同じものを、自分も見たい』という彼の願いが叶う時でもありました。つかライオンさんが最後に会話したのがアスミじゃなくて府中野くんだったのが、わたし的に痺れて痺れてどうもこうも。幽霊になって出会ってから、ずっと大切に見守り続けてきた少女を、幼馴染みの坊主に託すとかもう。だめ。悶える。
 最後、ライオンさんが去った後。泣き続けるアスミに「泣くなっつーの」と、いつものようにぶっきらぼうに話しかけながら、いつものように『ぽこんっ』って頭をはたこうとして、手を止め、静かに「ぽん……」と優しく手を置く府中野くんが、もう、もう……。


 あああもっと語りたいけどこれ以上語ったら野暮になるううううううう! (いやもう充分に野暮ラインを超えているぞ)
 つかこれ以上やるならちゃんと1巻から感想投下とか、きちんとした形でやりたいから自重しますぅぅぅぅぅぅぅぅ! (断腸の思い!)
 (つか、途中でぶん投げて放置のドルアーガとか、スレボやらエボRやらの感想投下はどうしたおい。老後の宿題にでもする気かゴルァ(「`・・)「)

 
 ぶっちゃけ、タイム・リープの加筆修正が先か、ふたつのスピカの二次創作が先か、どすこいどすこいですw。


 あれ。すいません。軽く近況報告のつもりが、とんでもない長文になってしまいました。(実際、半日以上かけております)
 では、「read more」より、拍手御礼です。どうぞ。┏○ペコ

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

05:47  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.11/09(Wed)

彼の内面に於ける思いの推移と、想いの増加に関する一考察 前編

 この小説は、1995年6月に角川書店様から出版されました、
「タイム・リープ あしたはきのう」 高畑京一郎 著 (敬称略)の二次創作小説となっております。
 これは個人的な活動であり、著作権をお持ちの原作者様ならびに関係者様には一切関係ございません。

 また、作品のネタバレを含みますので、未読でネタバレ回避の方は、絶対にお読みになりませんよう、重ねてお願い致します。


 それら全てが大丈夫な御方、どうぞごゆっくりご覧下さい。
 この作品が、貴方様の余暇を潤せるお役に立てるなら、それはとても幸いです。



***********************************

 ……なんだって、俺はここまでしているんだ?
 昨日、『4通目』を見て、この計画を立てた時から生じている疑問。何度も何度も、泡のように出ては弾けるその問い。答えは出ない。
 きっと、『頼られるなら、応えたい』 そういうことで、いいのだろう。

===================================


彼の内面に於ける思いの推移と、
想いの増加に関する一考察
前編



===================================

  

 決戦の日は、とても良く晴れた土曜日だった。

 妹は弁当を作ってくれなかった。まあ、昨日の夜いきなり言ったから、面倒くさいと行った美幸の言い分も分からないではないが、もう少し兄を敬うとかないのかあいつは。そう思いながら一人、道を歩く。この道を使うのも三度目、それも今日で終わると思うと、少しは感慨もある。高校生活のうちで、女子と通学するなんてこと、この三日間が最初で最後だろう。しかし、そんなのんびりと考えてもいられなかった。これから起こる事は全て頭に叩き込んである。それでもやはり、どんな不確定要素があるか分からない。だからこそ、こんなに気を張っているのだ。
 鹿島の家の前に着き、昨日と同じように、門に背中を預けて待つ。さりげなく周囲を注意してみたが、どうやら杞憂らしい。4通目に書かれている通りなら、今日は放課後の、あの時間までは危険は無い筈だ。……鹿島が、いきなり転ぶとか、いきなり階段落ちするとか、いきなり滑るとか、そういう事がなければ、の話だが。

 何事もなく学校に到着し、何事もなく授業は終わった。思わず安堵の息をつく。移動教室がなくて本当に良かった。お陰で教室から出なくて済んだ。後は3時まで時間を潰して、関に稽古を付けてもらい、その間に所用を済ませる。そして。
 めまぐるしく考える俺の前に、鹿島がやってきた。ああそうだな。昼飯にしようか。

「なんだか、妙に黒っぽい弁当だな」
 ふたを開けてすぐに、感想を口に出してしまった。おかずの所々が炭化しているからだ。だがわざわざ作ってくれたものに、これ以上文句をいうのも申し訳ない。パンにするかと聞く鹿島に、
「折角だから戴くよ。まさか、死にはしないだろう」
 思わず口が過ぎた。見れば鹿島は、少しすまなそうな顔をしていた。まあ人には得手不得手というものがあるから、あまり気にするなとか言おうと思ったが、結局何も言えなかった。
 平然を装いながら食べてみる。味は、悪くなかった。というより、どちらかというと旨かった。味が濃いめだったから、俺の好みに合ったのだろう。
 食べ終わっていつものように手を合わせる。鹿島がちょっと笑っているのを目の端に認めた。家ではこれが普通なのだが、なにかおかしいところでもあるのだろうか。

 食べ終わってもまだ、2時間近く時間がある。それを見越して持ってきたクロスワード雑誌を取り出す。一人でやるつもりだったのだが、鹿島が割と乗り気だったので、鉛筆を手渡すと、張り切って隣に座ってきた。しかし、オルゴールを選ぶとはな。この手の雑誌には、必ず2つの『ジャンボクロス』とかいうやたらでかいパズルが掲載されているのだが、よりにもよってオルゴールはその景品だった。本の両端に折りたたまれたパズル面を開き、本誌の4倍になったパズル面を見据えた。こうなったら本気出す。俺が問題文を読み、鹿島が「一文字目が『あ』で始まる4文字」等のヒントを言いながら解いていく。何故かさくさく進んだ。
 ――結果、関との約束の時間に少しばかり遅刻してしまった。あのパズル、でかすぎるんだって。勿論パズルは無事解けた。……全てが終わったら、応募しておいてやろう。

 鹿島を関に預けてすぐに格技場を後にした俺は、家へ戻る道すがら、適当な公衆電話を見つけて、そのボックスに滑り込んだ。
 多少長い話になるだろうからと、一度だけ深呼吸した。受話器を持ち上げ、テレホンカードを入れて、いよいよ電話番号をプッシュする、その時。

 ふと、肩に先ほどの暖かさが宿った気がした。関の部活が終わるまでの待ち時間。一緒にクロスワードを解いてた時、ずっと、俺の右肩と鹿島の左肩が触れ合っていた。最初に触れたとき、思わず離そうとしたけれど、何故か離せなかった。俺が逃げたのに鹿島が寄ってきたのか、それとも俺が結局逃げなかったのか、それさえ分からなかったけど、とにかく、触れ合う肩の暖かさが心地よくて、一緒に過ごす時間が心地よくて、ずっとこのままでいたい、と、確かに少しだけ、思った。

 どうして今、そんなこと思い出してるんだ? 俺は。
 でも、緊張が少しほぐれた気がした。

 不快な電話を終えて、外の空気を吸い込む。電話の前に少し残っていた緊張は、奴の声を聞いていたら吹っ飛んだ。それどころか、怒りのあまりどんどん冷淡になっていく自分がいた。我ながらそんな一面があったとは、と少し驚いたが。

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

  

 ……なんだって、俺はここまでしているんだ?
 またそう思いながら、俺は、缶詰の空き缶を次々と潰していた。それにしても、もう少しましなものは無かったのか。あと1日準備期間があれば、どうにかできたのに。そう思いながら、一缶、また一缶と潰していく。同時に、脳内ではあれこれと考えを巡らしていた。昨日のうちに、昔作った通信機を改造しておいた。さっき薬局でさらしも買ってきた。『真犯人』に電話も完了。その時の通話はこのレコーダーに録音してある。後で鹿島に聞かせて、……これから彼女に起こる『過去の』事実も話さなくてはならない。とても気が重いが……。
 あと、忘れていることはないだろうか。再び緊張してきている。自分でも珍しいと思う。こんなの、受験の時でさえ味わったことがない。
 そう、昨日は考える事が多すぎて、ほとんど眠れなかったのだ。4通目も、もう内容を暗記する程読み返した。その文面は、できるだけ要領よく端的に、事実を伝えようとしている。だが、最後の最後に書かれた一文が、何度も、何度も頭をよぎった。

『あなたを死なせたくないの』

 どういう意図で書かれた文なのだろう。拡大解釈してもいいのだろうか。
 だが、俺は彼女にとっては相談相手なだけだし、そうであるように振る舞ってきた。しかも俺の態度はおしなべて誠実とは言えないものばかり。意図的に冷淡になった時もあったが、それは、彼女に対する牽制であった。自分の心の領域を侵されるのが、怖かったのかもしれない。
 だいたい、鹿島の命が狙われている、と確信するまでは、複雑なパズルを解いている面白さばかりに目が行っていたのだから、我ながら不誠実極まりない。クロスワードよりも魅力に満ちていて、解きがいのあるパズル。それを楽しんでいた。
 しかし、それが『危険を伴う』と分かった瞬間、逃げるのではなく、立ち向かう事を選んだ。もう、とっくに『俺の手には負えない』事態だというのに、それでも自分の力でどうにかしようとしている。我ながら自信過剰と思わないでもないが、それでも、俺以外の誰かが彼女を助けられるとは、とうてい思えない。

 鹿島が無事、犯人を撃退して、自身の体を護り抜いて帰って来るのはもう、すでに知っている。後は時間が再構成されないようにすればいい。
 だから俺は、刺されなければならない。
 彼女は刺されて死んでしまうと思っているようだが、刺された上で死なないようにすればいい。
『私の事なら大丈夫だから』? そんな訳あるか。君が俺ほど冷静に対処出来るなんて思えるはずもない。
『自分でなんとかしてみせるから』? いつもいつも、一人で思い詰めて、一人で震えて、一人で闘う。そんなこと、出来るのか? 本音を言えば、出来ないと思うし、させたくない。
 ここまで人を巻き込んでおいて、危険だから手を引けだなんて、それは無理な注文だ。

 そして、俺は、潰した缶を手に、自室へ引っ込んだ。腹に仕込んでいる間に、妹にでも帰って来られては困る。説明すると心配するだろうし、もとより説明する気もない。
 ゆっくりと、がっちりと、呼吸がきつくなる位にさらしをきつく巻きながら、要所要所に潰した缶を仕込んでいく。こいつで旨く奴の刃を受け止められるといいのだが、万が一しくじった時は……いや、今はそういう事を考えるのはよそう。

 全ての用意を終えて、家を出た。
 後は『奴』と対峙し、証拠を掴んで、警察に突き出す。それでもう奴は、鹿島に手出し出来まい。俺が出来るのはそこまで。そして彼女は日曜日に最後の跳躍(タイム・リープ)をして、自分で自分を護る。それで全てが終わる筈だ。
 しかし、女子になんて事させるんだろうな、俺は。それがどれほど怖いことか、どんなに想像したって多分一生分からない。俺は女じゃないからな。ただ、それをやろうとした奴がどれほど下劣な奴か、という事だけは分かる。同じ男だと思いたくない位、卑劣で野蛮で、出来ることなら俺が時間を跳んで、日曜日の奴を殴りつけたい。だが、俺はこの時間の流れから逸脱出来ない。そこは鹿島に、鹿島の力に頼るしかない。

 今日で全てが終わるけれど、君がこの奇妙なタイム・リープから自由になれればいいと思う。そして俺の役目も終わる。今まで通り、ただのクラスメートになるけれど。
 それでも、駆け抜けるように過ぎ去ったこの数日を、とても面白かったと、後でしみじみ振り返りたい。

 だから。


◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

  

 格技場に着いた俺は、押し倒された場合の対処法も関に頼み、鹿島もどうにか様になってきた。関はその体勢を取る事にかなり戸惑いを見せていたが、俺は冷静だった。これから奴がこの様にのしかかるのかと思うだけで、腹の底に冷たい怒りが溢れて来るが、表には出さない。下手に鹿島を不安がらせたくはないから。これでようやく、あの場所へ行ける。

 稽古が終わって着がえる関に、もう一つ、頼み事をした。案の定、ヤツは目をむいて反対した。そりゃそうだよな。『これから刺されるけど、俺が刺される時はスルーしてくれ。その後必ず鹿島を狙うから、彼女が襲われる前に奴を倒して、できれば昏倒させてくれ』なんていう頼み、俺がされたとしても必ず反対する。
「彼女のためか?」
 そう訊かれても、俺自身にもよく分からん。だから、
「さあ、どうかな」
 そう応えるしかなかった。



 4時20分過ぎに八幡神社に着いた。空はまだ明るいが、夕暮れが近づいている。いつもと同じ夕暮れなのに、いつもと違うように見えるのは、やはり緊張しているからだろうか。朝からずっと、鹿島と話す時だけはいつもの顔で、と思っていたのに、ここにきてそれさえも頭から吹っ飛んだ。
 奴から見つかりそうな場所を避け、茂みに入って、……そこで、ようやく、鹿島に全てを話した。彼女は呆然として、その名前を聞いていた。続けて鹿島が命を狙われるその『理由』を話す時、出来るだけ、平坦に聞こえるように、冷静に、短く言った。正直、自分の声が小さすぎて、彼女に届かなかったのではないかと疑ったくらいだ。
 反応は、激烈だった。そりゃあそうだろう。自分だったらと思うと……駄目だ。やっぱり分からない。どんなに言葉を尽くしても、彼女はどんどん激していく。そして。

「他人事だから、気楽に行って来いなんて言えるんだわ!」

 他人事。そう言われた瞬間、何かが吹っ飛んだ。

「その通り、他人事だよ。俺にとってはな。危険な目に遭うのも君だけなら、問題を解決できるのも君だけだ。好きにしろよ。逃げ続けると言うなら、それもいい。困るのは君であって、俺じゃあないからな」

 そこまで言わなくても、という程の言葉が、すらすらと俺の口から出ていく。口の端に浮かんだ皮肉の笑みは、俺と彼女、どちらに向けてのものなのか、そんなの俺にも分からない。
 正直言い過ぎたと思った。しかし、逆にこのひと言が彼女の激情を収めたらしい。どういう形であれ、ここで騒いでいてはまずいので、助かった。
 黙り込んだ彼女に、もう一度、先ほど言った言葉を繰り返し、参道に目をやると、一人の男が夕陽に照らされつつ歩いて来た。ようやく『主役』のご登場だ。せいぜい上手くやるとするか。

 鹿島にレコーダーを預けた。「行ってくる」と言った俺に、鹿島は、
「気を付けて」
 と言ってくれた。そんな彼女に心の中で謝りながら立ち上がる。今から俺が晒す光景は、彼女には酷すぎる。それと分かっていて、されに行くのだ。日曜日の君が、再構成する決意までして知らせてくれた事実と思いを、全て無駄にしないために。



 対峙した『奴』は、思ったより簡単に踊ってくれた。演技していて思わず笑いそうになった位だ。そして、クライマックス。内ポケットから、あるはずもない『証拠の品』を出すふりをする。その瞬間、奴の目つきが変わったことを、雰囲気、いや、殺気で知った。来る。
 しっかり狙ってくれよ。そうじゃないと、こっちも困るからな。そう思いながら、近づく刃を待つ。
 衝撃は思ったより……酷かった。気を失う『ふり』をするつもりだったのに……本当に……気を、失うことに……なる、なん、て。


◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

「後編」へ続く。

テーマ : 二次創作 - ジャンル : 小説・文学

13:12  |  タイム・リープ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.11/09(Wed)

彼の内面に於ける思いの推移と、想いの増加に関する一考察 後編

 この小説は、1995年6月に角川書店様から出版されました、
「タイム・リープ あしたはきのう」 高畑京一郎 著 (敬称略)の二次創作小説となっております。
 これは個人的な活動であり、著作権をお持ちの原作者様ならびに関係者様には一切関係ございません。

 また、作品のネタバレを含みますので、未読でネタバレ回避の方は、絶対にお読みになりませんよう、重ねてお願い致します。


 また、こちらは「彼の内面に於ける思いの推移と、想いの増加に関する一考察」後編となっております。前編未読の御方がいらっしゃいましたら、「前編」からお読みになることをお奨め致します。

 それら全てが大丈夫な御方、どうぞごゆっくりご覧下さい。
 この作品が、貴方様の余暇を潤せるお役に立てるなら、それはとても幸いです。



===================================


彼の内面に於ける思いの推移と、
想いの増加に関する一考察
後編



===================================

  

 目を覚ました時、目の前に鹿島がいた。遠くには犯人の中田が倒れており、俺の後ろには関がいて、全てが終わったことが分かった。右脇腹に、耐え難い痛みがあったが、これくらいで済んだのだ。これ以上ない最良の結果で終わったようだ。
 しかし、それでも俺を許さない者がいた。鹿島だ。お陰で、女子に胸ぐらを掴まれるなどという、今後一切しないであろう経験が出来た。しかもこの俺に向かって『馬鹿』と言った。『馬鹿』って。17年間生きてきて、俺に『馬鹿』と言ったのは、関に続いて彼女が二人目だ。
 どうやら鹿島は本気で怒っているらしい。いつもなら、女子が怒ると『面倒臭い』としか思えず避けるのに、彼女に対しては『面倒臭い』とは思わなかった。ただ、持て余した。

 怒りで眉を寄せていた表情が、徐々に変わった。目がじわじわと潤み、そこから涙がこぼれた。と思ったら、次から次と溢れる涙。まさか、泣かれるとは。それほど心配をかけたとは思っていなかった。だから、一切の抵抗をやめた。ただぽかぽかと、叩かれるにまかせた。それで彼女の気が済めばいい。

 いつしか鹿島は、叩くのをやめて、俺の胸で泣き続けた。
 困った。こういう時、どうすればいいのか全然分からん。
 頭でも撫でてやればいいのだろうか。でも俺の右手は痛む右脇腹を押さえてるし、左手は体を支えるのに使っている。だから、結局出来たのは。
「……心配かけて、すまなかった」
 そう言ってやることだけだった。
 彼女は何度も何度も首を振りながら、
「ううん……良かった……生きててくれて……」
 と言ってくれた。報酬はそれだけで充分だ。


◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

  

 ……で。どうしてこうなってんだ?
 俺は、鹿島と並んで歩きながら、帰路何度目になるか分からない疑問を浮かべた。しかも、脇腹が痛くて、いつものように歩けない。今日は送れないからさっさと帰れと言ったのに、どうも鹿島は俺の家に来る気らしい。関め。要らん入れ知恵しやがって。しかも脇腹にご丁寧に一撃のおまけ付きで。とどめまでさしてくれてありがとうよ。月曜日覚えてろ。

 どうにか家に辿り着き、美幸にも怪我がばれることなく、自分の部屋に上がることができた。正直、鹿島がいなかったらばれていただろうから、そこは素直に感謝する。
 だけど、手当は別だ。その、あの、あれだ。付き合ってもいない女子に、なんで手当してもらわなきゃならんのだ。だというのになんだ。あの握り拳付きの
「診・せ・な・さ・い」
 てのは。
 もうこれ以上脇腹を攻撃されるのはご免なので、溜息と共に降参した。関、本当に覚えてろよ。
 湿布薬を貼ってもらうまでは良かったんだが、包帯は、正直、ちょっと困った。脇腹だぞ。その、巻くとき、あの、抱くような格好になるだろうが。だから彼女でもないのにそこまでしてくれるな。……なんて事、言える訳もなかった。
 しかし鹿島よ。包帯を巻きながら話しかけるな。その場所、すっぽり腕に収まる場所だから。しかも質問がいけない。
「それにしても……どうして逃げなかったの?」
 君がそれを聞くなよ。出来れば言いたくなかったのに。言わないままお役御免で、単なるクラスメート同士に戻れればよかったのに。
 俺は彼女に聞こえぬように、小さく溜息をついた。
「時間を再構成させて、それでもなお君を助けられると思うほど、俺は自分の能力に自信がなかったんでね」
 言わないと勘弁して貰えないと分かっていたので、最低限のことだけ言った。さらに、
「君に逃げるなと言ったのに、自分だけ逃げるわけにはいかないじゃないか」
 と言ったら、黙ってしまった。どうやらさっき、自らが言ったひと言を気にしているらしい。そんな事、気にしてもらうつもりじゃなかったんだが。
 まあ、たしかに、『他人事』と言われた瞬間、むっとしたのは事実だからな。

 会話が途切れると同時に、包帯も巻き終わったらしい。さらにタイミング良く、階下から足音が聞こえてきた。美幸だ。急いでまくり上げていたワイシャツを戻し、散乱した缶とさらしを隠した。
 その後美幸は、果物の山を運んできたり、電話の子機を運んできたり。鹿島などはそれを見て「可愛らしい」とか言っていた。一度眼科に行ったほうがいいと思う。

 電話は関からだった。会話しながら彼女にも中継してやろうと思っていたのだが、あろうことか、俺のすぐ隣に座って、受話口の裏に耳を当ててきた。なんだこの密着度は。けしからん。俺が君の父なら絶対殴るぞ男の方を。待てもうなんかいろいろと。
 ……言いたい事は山ほどあったが、結局なにも言えず、関との会話に戻った。

 結局、後日俺と鹿島は、警察に事情を話すことになった。それでも、学校にも新聞にもばらしはしないとのことだから、一安心だ。
 今回の事では、関にはとても迷惑をかけたが、が、
『その馬鹿の事を、よろしく頼むよ』
 っていう鹿島へのひと言は余計じゃないか? しかもまた馬鹿って言っただろう。まあそんなのはどうでもいいんだが、最後に言ったあれはなんだ。
『突っ張るのもいいが、たまには負けろ。その方が、人間が大きくなるぜ』
 まったく、余計なお世話だよ。
 
 通話の終了した子機を見詰める。思わず苦笑が浮かんだ。ああ、これで本当に全部終わったんだな。後残っているのは説明だけか……。
 ただ、鹿島の頷き方が曖昧だったのだけが、少しだけ引っ掛かった。



◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

  

 鹿島が子機を下に戻しに行くと言うので、頼んだ。さすがにまだ脇腹が痛いし、それに説明の順序を考えなくてはならない。関には起こったそのままを話すからいいとして、警察にはそんな説明出来るわけも、信じて貰えるわけもない。俺はベッドから椅子に座り直し、鞄からスケジュール表を取り出して、にらみ合う。
 そこへ鹿島がコーヒーを運んできてくれた。これは、あとで美幸から説教くらう羽目になるな。そう思いながらも、俺は説明の順序を組み立て始めていた。

 そんな中、鹿島はずいぶん真剣に話しかけてきた。最初は片手間に聞いていた。が。

 …………途中から、なにかすごい話の流れになったような気がするぞ。

「それじゃ、なにか? 俺は、これからもずっと君のそばについてなきゃいけないのか?」
「駄目?」

 ちょっと待て。俺はそれほどいいやつじゃないぞ。自分で言うのもなんだが、冷たいし、面倒事は嫌いだし、趣味はパズルとクロスワードと機械いじりと読書だし。取り柄は『約束は必ず守る』ってところだけだぞ? 多分後悔するぞ?

 て、ずいぶん長い間見詰めてしまった気がする。しかもいつもの様に、目つきが悪くなった筈だが、鹿島は目を逸らさなかった。

「危なっかしくて、とても放っとけないな」
 それは、俺が負けを認めた証だった。しかし鹿島は、それだけじゃお気に召さなかったらしい。

 ていうかそれはどういう待ちだ。おい。こ、ころの準備というものが。
 と、とりあえず、立ち上がって、歩いて、肩に手を置いて。だめだうわちょっと待て。なんだこの展開。すごく照れるんだが、どうすりゃいいんだ。とりあえず顔が近い。て当たり前か俺が寄ってるんだから。


 頭の中は大混乱だったが、どうにか『儀式』をすませることが出来た。……のだが。
 その後がいけない。

 なんで平手打ちなんだ。


「……なんで、若松くんがこんなところにいるのよ」
 彼女の糾弾を訳も分からず聞いていたが、唐突に思い至った。
 ああそうか。君は『日曜日』から来たんだな。
 で、この後『火曜日』に跳んで、『水曜日』俺に図書館で、あの質問をするのか。
『一昨日、私、あなたの家に行かなかった?』

 これで、全部繋がった。先ほどの鹿島の反応が曖昧だったのは、もう一幕あると知っていたからか。
 分かった瞬間、笑いがこみ上げてきた。すぐに笑い止もうとしたのだが。
 ……だめだ、ここ数年ないくらいおかしい。笑いが止まらない。鹿島、君は最高だよ。忘れてた脇腹の痛みが、笑いと共に襲って来てもう、痛いんだかおかしいんだかわからない。
 それに呆れたのか、彼女が出て行く。ああ、これから過酷な一週間を送る君に、せめて。

「頑張れよ」

 このひと言を贈るよ。



 すぐに、階段を落ちる音がした。これで本当にザッツオールフィニッシュだ。



 痛む脇腹を押さえながら、ゆっくり階段を降りる。帰って来た鹿島を迎えに行くために。
 階下には美幸が出てきており、驚いた顔をしている。だから言っただろう? それが鹿島の趣味なんだって。しかも、クッションで安全措置までしてあるとはな。ああもう。凄いな君は。
 そして、俺は左手を差し出した。

「お帰り、鹿島」
「……ただいま」

 鹿島は、俺の手を取って、微笑んだ。


 

 ちなみに。ファーストが平手打ちのおまけ付だったので、帰る前にしっかりセカンドを頂いた。照れる様が凄まじかったが、赤くなった頬を見せたらおとなしくなってくれた。


 鹿島が帰った後、学生服の内ポケットを探る。中田の奴は、ここに例の『動かぬ証拠』があると思っていたようだが、

 ……実際にそこにあったのは、鹿島から貰った『4通目』。まあ、お守り代わりというやつだ。




◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

 おまけ

 そして数年後。こぢんまりとした教会で。

「永遠に変わらぬ愛を誓いますか」
 ……永遠か。いや永遠の約束ってそもそもあり得るのか? 出来ない約束はしないのが俺の信条だ。ならばこの場合の、最上の答えは……。

「前向きに善処します」

 とたんに会場は爆笑に包まれた。まあ、我ながら少々おかしいことを言ったという自覚はあるが、嘘をつくよりはましだ。
 ふと、横から、剣呑な視線を感じた。見下ろすと、今、前向きに善処すると誓った対象の彼女が俺を見上げている。しかもこれは、相当怒ってるな。そう思った瞬間、脇腹に鋭い痛みが走った。

 おい、痛いな翔香。脇腹なんかつねるなよ。


===================================


2011/11/09 脱稿
驚きの筆削無し一発勝負。

以下、あとがきです。

テーマ : 二次創作 - ジャンル : 小説・文学

12:53  |  タイム・リープ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.11/09(Wed)

お久しぶりに拍手御礼

 またもやお久しぶりでした。
 今回はどうにか、広告が出る前に更新できるようで良かったです。

 ええと、毎回なにかしらに「ハマりましたぁ!」って報告ばかりで心苦しいのですが、

 タイム・リープ あしたはきのう 高畑京一郎 著

に、盛大にはまりました。そして、

 テイルズ・オブ・ジ・アビス 

は近日中、極大にハマります。

 どちらもきっかけは、

 ドSツンデレ眼鏡です。

 特にTOA。ドSで鬼畜で眼鏡で子安と聞いただけでガタタでした。分かってましたよ。遠い昔、カルマのMADを見た時から。きっと、この作品には、いつかハマるだろうと。



 では、拍手御礼です。
 Read moreよりどうぞ。いつもありがとうございます!

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

12:03  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.10/16(Sun)

紅月蒼刻 こうげつそうこく

 これはスレイヤーズの二次創作小説です。ジャンルはガウリナです。
 ご勘弁な方はバックを推奨いたします。

 ようし待ってた! な御方。ありがとうございます! ↓へどうぞ!





===================================



紅月蒼刻  こうげつそうこく



===================================

 いつものように、旅から旅への毎日を続けるあたしとガウリイ。


 それというのも、ガウリイの持ってた光の剣が、あたしにまつわる冥王とのごたごたで無くなっちゃって、あたしなりに責任感じて代わりの魔力剣探しているんだけど、これがなかなか見つからない。
 ああもうっ! どっかに落ちてない?

 この町に寄ったのも、剣を探す道行きの中での、ほんの気まぐれ。

 夕方過ぎに宿屋に入って、速攻晩ご飯。いつものよーに、ガウリイと奪い合いになったけど。
 大体ね、ガウリイが美味しそーに食べるのが悪いのよ。思わず取って食べたくなるじゃない!
 そしたら報復か! ってくらいぶんどるし。こっちも更にヒートアップするってもんよ。

 ……と、いうわけで、今日もバトル晩飯を美味しく頂いた後、ちょっとだけ、ホントにちょっとだけお酒を一緒に飲んだ。
 どうやらガウリイくん、あたしが盗賊いぢめに行くんだろうと少々疑っていたようだけど。(だから飲ませたんじゃないかっていう説もある)
 まったくっ! 盗賊いぢめに行くんだったら、もっと周到に用意するわよ。
 ――でも最近、よくバレるのよねー。
 やっぱりあの動物的カンをどーにかして封じないとダメみたい。

 ま、そんなこんなで、よーやく自分の部屋に戻ったのがついさっき。
 一緒に引き上げてきたガウリイに、おやすみの挨拶をひとつして。
「りゃあねーおやふみがうりー」
 断固言う。あたしは酔ってないと。


 宿屋の用意した寝巻に着替えて、ゆるゆるとベッドに入った。いつもなら「明り」(ライティング)の呪文を唱えて読書を決め込むところだけど、ここに着いたのが夕方だったし、それまでずっと歩き通しだったし。
 やっぱり疲れていたのかもしれない。

 あたしが起こす布団の衣擦れの音も落ちついて、静かになる部屋の中。耳を澄ますと、隣の部屋でガウリイが素振りをしている音が聞こえる。
 ……あたしの耳、エルフ並みにいいんだもの。しょうがないじゃない。

 ――――。
 いつまでやってるつもりかしら。あんの体力ばかくらげ。日課とはいえ、よーやるわ。
 いつだったか野宿した時も、夜半過ぎに見張り交代って脅迫、じゃなくて、約束したのに、ぐっすり寝てるあたしを起こすの忍びないからって、結局朝まで、見張りしながら素振りしてたのよあいつっ!
 ほんっとーに、バカなんだから。そんなところで無理して欲しくないってのにっ!

 ぴたりと、素振りの音がやんだ。
 やっと寝る気になったのかな。
 そう思いながら、何気なく窓に目をやると。
 そこには、――紅い月。低い空にぽっかりと浮かんでいた。

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

 紅い月は、苦手だ。
 だって思い出してしまうから。――あの色を。


 血ってやつは、どうしてあんなに紅いんだろう。
 どうしてあんなに黒くなるんだろう。

 いままで、色んな人が血を流すのを見てきたけど。
 何度見たって、慣れることなんて出来やしない。

 特に、ガウリイの流す血だけは。

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

 何度も何度も、あたしを庇って怪我するガウリイ。
 大きい怪我をしたことだって何度も何度もあるし、かすり傷程度なら日常茶飯事。

 その度に、あたしの「治癒」(リカバリィ)で治すけど、毎度毎度、やりきれない気持ちになる。
 小さい怪我だと、“別にいい”って言われるけど、それじゃあたしの気がおさまらない。

 だいたいあたしは「復活」(リザレクション)が使えない。もしも大きすぎる怪我をしたら、あたしじゃ治せない。だから、ガウリイには絶対に怪我して欲しくないのに。
 ……人の気も知らないで。

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

 何度か、ひとりに戻ろうとした事もあった。これ以上、「自称保護者」を巻き込むのが忍びなくて。
 あたしと一緒にいると、命の危険付きのスリリングな日常がもれなくついてくる。
 平穏な毎日からは、音速でかけ離れていくのだから。

 切り出そうとするたびに、事件に巻き込まれたり、襲撃されたり、襲撃しかえしたりで言うタイミングを逃し続け、結局今日に至っている。

 今更、ひとりになんて戻れない。
 ガウリイが大切な人だと、気付いてしまったから。

 っづあああぁぁぁ~~~~~っ!

 そこまで思考化して……ひとり、ベッドでもんどり打ってるあたし。なんか変なヒトみたいじゃない!

 それもこれも全部フィブリゾのせいよ!
 どうしてくれんのよ! あんたがガウリイを人質にとらなけりゃ、こんな気持ちに気付くことも、ましてやそれで毎日悶々と悩むことだって無かったのに!

 そこまで思い至って、ぴたりと動きを止めた。
 ……そう、あの時あたしは。
 確かに世界を裏切ったのだ。

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

 蒼いクリスタルの中。瞳を閉じたままのガウリイ。
 無事かどうかも、分からない。……生きているのかさえも。
 彼の周りには、ゼルやアメリア、シルフィールまでもが、同じようにクリスタルに閉じこめられていた。

 不完全版の重破斬(ギガ・スレイブ)を防がれて、為す術もなく座り込むあたしの頭に、
「とりあえず一人、きみの仲間を砕いてあげるよ」
 冥王の無情な一言が、あたしの耳に飛び込んで。
 言い終わると同時に、ガウリイのクリスタルから異音がした。

 その瞬間。

 理性よりも、本能が。身体を突き動かしていた。
 銀(しろがね)に染まった髪を跳ね上げて、
「やめてっ!」
 口に出したそれは、悲鳴でしかなかった。

 魔力が底をついていて、もう立ち上がる力さえ残っていなかったけれど。
 シルフィールにも、あれだけ唱えないでと言われていたけれど。
 あの呪文が、世界を滅ぼしかねない危険なものだということも、心の底から知ってはいたけれど。

 この時あたしは。
 世界よりも、そこに暮らす大多数の人々よりも、自分の故郷の家族よりも。死地(こんなとこ)まで一緒に来てくれた仲間たちよりも。
 ただひとり、ガウリイを選んだ。

 それを、裏切りと呼ばずして、何と呼ぶ?

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇

 ふっ、と小さく息をつき、枕に顔を押し当てる。
 あの時は何とかなったけれど、あたしのしたことは、決して許されることではない。

「生かしておくべきではないのかもしれんな」
 かつてあたしにそう言った、竜族の長を思い出す。

 それでもあたしは生きていきたい。死んでなんかやらない。
 いつもいつでも、ガウリイの隣を歩いていたい。
 あたしが生きてるだけでも罪だというのなら、向かってくればいい。
 そんな運命、あたしが叩き潰してやる。

 だいたい、ガウリイひとりを置いて逝くなんて、心配すぎて出来やしない。
 その逆も、無理。今更ひとりになったとしたら、自分がどうなるか分からない。

 再び、身体を仰向けにする。隣の部屋は相変わらず無音。
 布団が起こす衣擦れの音もやんで、窓の外には相変わらず紅い月が鎮座している。

 二度と、あんな想いをしないように、させないように。
 窓の外の紅い月に、誓いを立てる。
 ガウリイを護り、自分も護る。
 どんなに強い敵が来たって、絶対に二人で生き残る。
 ガウリイを残して逝ったりしてやらないし、自分だけ生き残ったりもしない。



 その前に、まずガウリイの剣をどーにかしなくちゃね。
 そう思いながら、目を閉じる。今日はよく眠れそうだ。

===================================
End.
===================================

2009.11.16.脱稿
2011.10.16.筆削

以下、あとがきです。


テーマ : スレイヤーズ - ジャンル : アニメ・コミック

07:13  |  スレイヤーズ小説  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。